このページの本文へ

Quadro FXのサンプル(今度は本物)が展示開始!GeForce FXより一足先に来週発売予定

2003年02月14日 23時19分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ 本体

 2月は絶望、3月中も厳しいと噂され、未だ発売の日は定かではないGeForce FXだが、それより先にワークステーション向けGPU“Quadro FX”がデビューすることになりそうだ。TSUKUMO eX.でELSA製カード「NVIDIA Quadro FX 2000」の展示が本日より開始されている。GeForce FXは先日ボール紙のサンプルが展示されたが、今回はちゃんとした“本物”である。



巨大なクーラー スロット2つ潰れます
ポップ 桁は間違いではありません

 Quadro FXには動作クロックの違いでコア400MHz/メモリ400MHz(DDRII 800MHz)相当の“Quadro FX 2000”とコア300MHz/メモリ300MHz(DDRII 600MHz)の“Quadro FX 1000”の2種類があり、今回お目見えしたのは前者。
 GeForce FXの特徴となっている巨大なヒートシンクシステム“FX Flow”は採用されていないが、シロッコファンを採用した大型で厚みのあるクーラーを搭載しており、2スロット分のスペースを消費するのは変わらない。またメモリチップにもヒートシンクが装着されており、フィン形状はヒートシンクから連続する形状となっている。またVRAMは128MBを搭載するが、DDRII SDRAMとなっているのも注目される。
 コンシューマレベルでは縁の薄いものではあるが、GeForce FXの今後を占う意味で注目すべき製品といえよう。発売は来週末予定と意外に早いデビューになりそうで、予価は21万8000円となかなかハイエンドな価格となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ