このページの本文へ

SCN、DirectX/OpenGL/Mac OSに対応した『PostPet V3』ハイブリッド版を発売

2003年02月04日 15時32分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は4日、愛玩電子メールソフト『PostPet V3(ポストペット ブイスリー)』のMacintosh版/Windows OpenGL版を統合し、新たにDirectXにも対応した『PostPet V3』ハイブリッド版(ver.3.2)を3月19日に発売すると発表した。価格は4280円。

『PostPet V3』ハイブリッド版

同製品は、2002年12月に発売した『PostPet V3』(Macintosh版/Windows OpenGL版)を1枚のCD-ROMに統合し、DirectXにも対応した最新バージョン。 10種類のアクセサリーや、モモ柄のプレゼント用CD-ROM1枚を新たに同梱するほか、ver.3.1で追加された“イソウロウ”が住み着く機能や、SMTP認証への対応なども行なわれている。対応OSは Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1+CarbonLib J1-1.6以上、Mac OS X 10.1以上。OpenGL 1.1またはDirectX 8.1に対応したグラフィックス製品が必要になる。

前バージョンのユーザーを対象に、ハイブリッド版への無料アップデートサービスを3月下旬に開始し、OpenGL/DirectXに対応したお試し版を3月上旬に公開する。なお、ベンチマークソフト“PostPetMark”は既にDirectX対応済み。これに伴って、現在のバージョンは生産を終了する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン