このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

デル、日本市場限定のPentium 4搭載省スペースデスクトップ『DIMENSION 4500C』を発売

2002年05月21日 19時00分更新

文● 編集部

デルコンピュータ(株)は21日、同社の個人/SOHO/中小企業向けデスクトップパソコン“DIMENSION(ディメンション)”シリーズで、日本市場向けに開発した、Pentium 4搭載の省スペース型デスクトップパソコン『DIMENSION 4500C』の販売を同日付けで開始すると発表した。最小構成価格は9万9800円。購入・問い合わせ窓口は、TEL.044-556-6190または直販サイト“オンライン・ストア”。

『DIMENSION 4500C』
『DIMENSION 4500C』

『DIMENSION 4500C』は、日本市場向けにスタイリッシュなデザインを採用したという省スペース型デスクトップパソコンの日本限定モデル。CPUにPentium 4-1.70/2A/2.26/2.40B/2.53GHz、チップセットにi845Gを採用、最大1GBのDDR SDRAMメモリー、最大120GBのUltra ATA/100対応のHDDの搭載が可能で、USB 2.0×6ポート(前面×2、後面×4)、ネットワークコントローラーを装備する。

本体サイズは幅95×奥行き356×高さ323mm、重量は7.43kg(構成により異なる)。筐体の冷却システムの改良により、従来のPentium 4搭載機より静音性が向上しているという。オプションでマルチメディアをサポートするモジュール“マルチアクセス”機能を提供、筐体前面の3.5インチ内蔵ベイに日本のユーザー特有のニーズというPCカードスロット(Type II)×2とIEEE1394ポート(4ピン)を、後面にPCIカードを搭載してV.90対応の56kbpsモデムとIEEE1394ポート(4ピン)を同時に装備できる。

最小構成は、Pentium 4-1.70GHz、256MBのメモリー、20GBのHDD、最大24倍速CD-ROMドライブ、i845G内蔵ビデオアクセラレーターなど。OSはWindows XP Home Edition。

『DIMENSION 4500S』『DIMENSION 4500S』

併せて、4500Cとほぼ同等のスペックで、拡張性とメンテナンス性に優れた筐体を採用したというスリムタワー型デスクトップパソコン『DIMENSION 4500S』とミニタワー型デスクトップパソコン『DIMENSION 4500』を発売する。

『DIMENSION 4500』
『DIMENSION 4500』

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART