このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

SCN、メッセンジャーソフト“MonChat”のβ版のサービスを開始

2002年04月12日 22時49分更新

文● 編集部

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は12日、インターネット総合サービス“So-net”において、キャラクターエージェント型のメッセンジャーソフト“MonChat”のβ版『MonChat for Windows ver.1.00jp β』を公開すると発表した。

チャットウィンドウで会話
『MonChat for Windows ver.1.00jp β』(チャットウィンドウで会話しているところ) / (C) Copyright 2002 Sony Communication Network Corporation. All rights reserved.

“MonChat”は、惑星モンチャットに住むモンスターを利用して、オンラインでリアルタイムに“おはなし”や“おしゃべり”が楽しめるソフト。常時接続と同期接続を想定してJavaにより作成されており、コミュニケーション機能として、メッセンジャー機能のほか、チャット機能、独自のメール機能を搭載する。ユーザーの言葉をモンスターコトバ(幼児語/つっぱり語など)に自動変換する機能を搭載している。また、モンスターに対しては、言葉を記憶させたり、言葉と感情のリアクションを教えたりできるだけでなく、アイテムをあげたり、世話をしたりすることも可能。対応OSは、Windows 98 SE/Me/NT4.0/2000 Professional/XP。Macintosh版は開発中だが、リリース時期などの詳細は未定としている。

サービスの利用料金は、全てのモンスター、全ての機能を利用でき、広告配信を拒否できる“モンチャット有料サービス”が、So-net接続会員の場合月額150円、So-net情報会員の場合月額300円。利用できるモンスターが“モッキンモンスター”のみで、機能が制限される“モンチャット無料サービス”はSo-net接続会員、So-net情報会員ともに無料。

なお、“MonChat”は、原案/企画/キャラクターデザインなどを作家/キャラクターデザイナー/アートディレクターの姉川たく氏、ディレクション/デザイン/ロゴ/アニメーションをグラフィックデザイナーの小池光氏、企画/システム設計/プログラミングをプログラマー/CGテクニカルディレクターの谷口直嗣氏、音楽/サウンドをミュージシャン/アーティストのバッファロー・ドーター(シュガー吉永/大野由美子/山本ムーグ)がそれぞれ担当したという。ちなみに、「モンチャット」のモンには「モンスター」という意味とフランス語で「わたしの」という意味が込められているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン