このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【オーバークロック研究室】PowerLeap製PL-iP3/Tを使ってTualatinコア版CPUを動作させてみる(前編)

2002年01月15日 22時57分更新

●はじめに

PowerLeap製「PL-iP3/T」(写真はCPUを装着した状態)

 昨年末にNorthwoodコアを採用したPentium 4-2.2GHzがお目見えしたかと思えば、新年を迎えてAthlon XP 2000+の単品販売インテルの新製品が発売ラッシュとなっている。トレンドを追うユーザーにしてみれば入手先の在庫状況や販売価格が気かかりで、情報収集にしばらくは忙しい日々が続くことだろう。

 ところがこちらのレポートを読んでみるとBXマザーボードも「まだまだ健在」という印象が強い。正直なところ筆者が所有するパソコンの中にも歴代のBXマザーボードはいくつか残っており、CoppermineコアのPentiumIIIプロセッサを組み合わせたシステムが稼働中である。

 だが新製品が続々と登場するレポートを何気なく読んでいると「Northwoodコアとまでは言わないまでも、せめてTualatinコアへステップアップしたいものだ」と物欲がどこからともなく沸々と湧いてくる(家人に言わせるとこれは一種の病気らしいが…)。ただ、TualatinコアのCPUはBXマザーボードでは非サポートとなっているために対応するチップセットが搭載されたマザーボードも必要。ついでに突如として暴騰しだしたメモリも「今の内にPC133スペックをおさえておこうか…」と野望は果てしなく膨らんでいく。その一方でそれなりの予算折衝も覚悟しなければならず、もしもの時の妥協案も用意しておいた方がベターだろうと仮称Tualatin計画が進んでいく。予算が無難に確保できるなら何の心配も無く最新のCPU、マザーボード、メモリ等の購入に走ればよいのだが、もしも予算が厳しい時やとりあえずTualatinと言う向きにはこちらのPowerLeap製「PL-iP3/T」を活用する手もある。そこで今回はPL-iP3/Tを使いTualatinコアのPentiumIIIとBXマザーボードを組み合わせて動作させてみる。ただし、ただ単に動作させるだけではもの足りないのでオーバークロック研究室の課題らしくオーバークロック動作にどの程度ついてこられるのかをもテストしてみた。



前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中