このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【東京ゲームショウ2001秋 Vol.6】トリはこの人! ビル・ゲイツ氏登場!!

2001年10月15日 00時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

“東京ゲームショウ2001秋”最終日となる14日、マイクロソフトブースには、最後のステージを飾るべく、米マイクロソフト社会長のビル・ゲイツ氏が登場した。

ステージに登場したビル
ゲームショウに間に合うよう、予定を早めて来日したという米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長と、マイクロソフトの大浦博久常務取締役

メインステージに颯爽と現われたゲイツ氏は、「Xboxの日本での現状を確認したくて来た」と挨拶、「各デベロッパーの成果をみて満足している」と語った。

見直したよビル
テロ&炭そ菌騒ぎで大変な中を、わざわざ日本までやってきたゲイツ氏には、素直に敬意を表します。ほんとに来るとは思わなかったです。テロ発生以降、日本に来る予定だった海外大手メーカーのトップは、軒並み来日を中止しており、桑本の記憶では、パソコン/ゲーム業界メーカーのトップでテロ後、来日した人はゲイツ氏くらいなものです。イベントを中止したどっかの腰抜け野郎とは大違いです。「Xbox、イケるかも」とマジで思いました。

同氏は「Xboxはわれわれにとって重要なプロジェクトであり、HDDを内蔵するなど機能やデザイン面でさまざまな工夫を凝らした。サウンドやグラフィックス、処理スピードなども改良した。これまでのゲーム機にない新しいものを提供したい」

「しかし、Xboxの成功は、最高のソフトウェアベンダーであるパートナー各社の協力なしにはあり得ないことだ。本体発売時には100タイトル以上のゲームが登場するだろう」

「Xboxは単なる新ゲーム機ではない。まったく新しいプラットフォームだ。Xboxは当初からオンラインゲームを意識して設計されており、オンライン機能を標準装備する。日本ではブロードバンドが普及し始めているが、Xboxは最初からブロードバンド機能を生かせる」

「この数週間、行くところすべてにXboxを持参し楽しんだ。間違いなくXboxはブレイクスルーとなる製品である。Xboxの可能性に期待する」と締めくくり、笑顔でステージを後にした。

2月22日に会いましょう
ゲイツ氏は「2002年2月22日に会いましょう!」と会場を去っていった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART