このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

セガ復活――“東京ゲームショウ2001秋”開催概要発表

2001年07月17日 16時40分更新

文● 編集部 桑本美鈴

(社)コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会(CESA)は17日、今秋開催のゲームイベント“東京ゲームショウ2001秋”の開催概要を発表した。テーマは“Let's Play Together~さあ一緒に遊ぼう~”。後援は経済産業省、特別協賛は(株)NTTドコモ。

メインビジュアル“東京ゲームショウ2001秋”のメインビジュアル。今回より日本ゲーム大賞で大賞を受賞した企業にビジュアルを制作してもらうこととなり、大賞作品『ファンタシースターオンライン』の(株)ソニックチームが制作した。未来のゲームスタイルをイメージし、キャラクターの身に付けているアイテム(ゲーム機/ゴーグル/ヘッドホン/リストウォッチ/シューズ)がネットワークや無線で連動、ゲームがファッショナブルでスポーティーな新しい遊びに進化した近未来を表現したという。……某キャラが人間化したような感じですが、わざとでしょうか

開催期間は10月12日(金)~14日(日)の3日間。前回のゲームショウ2001春に引き続き、今回も3日間とも一般公開日。ただし12日の13時まではビジネスタイムで、関係者および招待者のみ入場可能、一般来場者は13時より入場できる。閉場時間は18時まで。なお13日と14日は全日一般公開日で、開催時間は10時~17時。会場は千葉/幕張メッセ。

総出展予定社数は47社で、総出展小間数は1222小間(16日現在)。春は総出展社数54社、総出展小間数931小間であったため、出展メーカーは減ったが、各メーカーのブースが大きくなっているという。

出展予定社は、アトラス、アルケミスト、エニックス、NTTドコモ、エポック社、エンターブレイン、神奈川情報文化専門学校、カプコン、カルチャーブレーン、河合塾学園トライデントコンピュータ専門学校、Kキャラ、元気、コーエー、郡山テクノデザイン専門学校テクノコンピュータカレッジ、国際コミュニケーションサービス、コスパ、コナミ、コナミコンピュータエンタテインメントスクール、コンパイル/元祖ぷよまん本舗、ゲーム総合支援センター、サクセス、サミー、サン電子、スクウェア、セガ、専門学校東京ネットウエイブ、総合学園ヒューマン・アカデミーゲームカレッジ、ソフトバンクパブリッシング、タイトー、タカラ、テクモ、デジタルエンタテインメントアカデミー、電撃屋、トミー、ドリームビジョン、ナムコ、パソナソフトバンククリエイティブスクール、ハドソン、ハムスター、バンダイ、バンタン電能情報学院、ブロッコリー/ゲーマーズ、フロム・ソフトウェア、Hobby Japan、マイクロソフト、ヤマハ、eMuse Technologies(50音順)。

なお、ソニー・コンピュータエンタテインメントや任天堂の出展については現在調整中という。

CESA専務理事の渡邊和也氏は、「東京ゲームショウは、ユーザー向けショウとしては名実ともに世界一。今後、ボーダレス化が進むことでコンピューターエンターテインメント業界は拡大し発展していくだろう。ゲームショウではこのようなトレンドを紹介しなければならない」としている。

CESA代表者
左から、(社)コンピュータエンターテインメントソフトウェア協会の白石恭一氏、同専務理事の渡邊和也氏、同イベント委員会委員長の猿川昭義氏

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART