このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NTTソフトウェア、『WebBASE』にクラスタリング機能を追加して販売開始

1998年12月01日 00時00分更新

文● 報道局 横田雅美

 NTTソフトウェア(株)は、イントラネット構築ツール『WebBASE』にクラスタリング機能を追加して販売を開始した。(株)東芝との共同開発により、東芝の分散ノード連携ソフト『DNCWARE』をベースとしてクラスタリング機能を付加したもの。

特徴は、
1.TPモニターの内蔵により高速レスポンスが可能
2.HTMLを拡張する“WebBASEスクリプト”でデータベースアクセスを行なうため開発期間の短縮が可能
3.仮想サーバー搭載で複数サイトの運用が可能
4.セッション機能で会話型サービスの提供が可能など。

 動作環境はWindows NT4.0 Server、Solaris2.6以上(Intel版、SPARC版)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン