このページの本文へ

「iPod nano 4G」「iPod shuffle」「iPod classic」

縦型回帰! iPod nano 4GなどニューiPodアキバで販売開始!

2008年09月10日 21時45分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10日に発表された新iPodシリーズのうち、第4世代iPod nano(以下、iPod nano 4G)の8GBモデルとiPod shuffle、iPod classicの販売が早速アキバで開始された。

新iPodシリーズ 店頭
iPod nano 4G 10日に発表された新iPodシリーズのうち、第4世代iPod nano(以下、iPod nano 4G)の8GBモデルとiPod shuffle、iPod classicの販売が早速アキバで開始

 今回発表されたニューiPodシリーズは、iPod nano 4Gが容量8/16GBで各9色、iPod shuffleが容量1/2GBで各5色、iPod classicが容量120GBで全2色、iPod touchが容量8/16/32GBで各1色の合計33モデルがラインアップされる。
 アキバで販売を開始していたのはソフマップ「Mac・クリエイターズ館」で、iPod nano 4Gの8GBモデルが1万7800円、iPod shuffleは1/2GBが5800円/7800円、iPod classicが2万9800円となっている。

iPod nano

iPod nano 4G サイド 型番
iPod nano 4Gは、シルバー/パープル/ブルー/グリーン/オレンジ/イエロー/ピンク/(PRODUCT) RED(Apple Storeのみ)/ブラックという全9色のカラーバリエーション。これまでで最も薄くアルミニウムとガラスを曲面に仕上げたデザインを採用。「Geniusテクノロジー」を搭載しており、ワンクリックでライブラリーの中から相性のいい曲を選んでプレイリストを自動的に生成できる。また、内蔵の加速度センサーを活用して、本体を軽く揺するとシャッフルモードに切り替わる新しいユーザーエクスペリエンスを実現している

iPod shuffle

iPod shuffle サイド 型番
容量1/2GBモデルを用意するiPod shuffleは、カラーバリエーションの変更のみのマイナーアップデートとなっている

iPod classic

iPod classic サイド 型番
容量120GBモデルのみとなったiPod classicも、iPod nano 4Gと同様「Genius機能」を搭載している

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社