このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

リポート:アップルストア銀座で新iPodシリーズの新機能を確認

新iPodの気になる点を実物チェック!

2008年09月10日 23時37分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

既報のとおり、アップルは10日(米国時間の9日)、新iPodファミリーを発表した(参考記事)。容量を120GBモデルの1本に絞ったiPod classicとカラーバリエーションを変更したiPod shuffleはマイナーアップデートにとどまったものの、iPod nanoiPod touchはメジャーアップデートを果たした。どのような変化を遂げたのか早速実物を見ながら確認していこう。

01
米国サンフランシスコでは特別イベントが開催され、アップルCEOのスティーブ・ジョブズ氏が、新しいiPodファミリーの特徴を語った。写真はiPod nano 4Gのカラーバリエーションが全9色になった旨を明かしているところ

外観/内面ともに大幅に進化を遂げたiPod nano

縦長のデザインに一新された新iPod nano。一見、第2世代のnanoに似ているが実際に手にとると、その薄さと軽さを実感できる。また、底面では楕円を描く曲線のデザインに変更されていることがわかる。

03a 03b 03c
ほかのモデルよりも25%ほど密度が高い、320×240ドットの液晶モニターを採用。2インチディスプレーを曲面に仕上げており、視認性がアップした歴代nanoで最薄とうたわれる新モデル。薄くなったものの、8GBと16GBのモデルを用意しており容量が増えた底面を見ると、丸みを帯びたデザインを確認できるだろう。底面にはDockコネクターとヘッドホン端子が備わる
04
「Geniusを開始」を選ぶと、その曲と相性のいい曲を収めたプレイリストが作られる

まず、注目したいのは、iTunes 8に追加された「Geniusテクノロジー」がnano本体にも搭載されたことだ。これは、ワンクリックでミュージックライブラリの中から相性のいい曲を選んでプレイリストを作成するというもの。わざわざiTunesを使うことなく、nano上で操作できるのでぜひ活用してほしい。

すでにiPhoneやiPod touchに搭載されている「加速度センサー」を追加したのも特筆すべき点だろう。nano本体を縦に持つとアートワークが表示され、横に回転させると自動的にCover Flow表示に変わる。また、本体を縦方向に軽くシェイクするとシャッフルモードになり、再生する曲を変えられるようになった。

02a 02b
縦/横方向に回転させると画面に合わせて表示サイズが変わる。iPhoneやiPod touchに搭載されている機能がnanoでも使えるようになった

声録音機能も追加されている。近日発売予定のヘッドホン「Apple Earphones with Remote and Mic」と「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」には音声メモを録音するためのマイクが搭載される。音声録音機能を活用したい場合は、このヘッドホンと併用すると便利だろう。

05a 05b 05c
カナル型ヘッドホン「Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic」。音声を録音するマイクと、ボリューム調整や曲の再生/一時停止/早送り/巻き戻しの操作ができるコントローラー付き。価格は9400円だ。インナーイヤー型ヘッドホン「Apple Earphones with Remote and Mic」も発売予定で、価格は3400円

(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中