このページの本文へ

Eee PCキラーの本命!? デル「Inspiron Mini 9」発表

2008年09月05日 12時00分更新

文● 小浜雅胤/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついにデルも低価格ミニノート市場に参戦。「Inspiron Mini 9」を本日正式に発表した。

Inspiron Mini 9
「Inspiron Mini 9」カラーバリエーションは「オブシディアン・ブラック」と「パール・ホワイト」の2種類

 同機はEee PC 901-Xの本命ライバル機として注目を集めそうなミニノートだ。液晶ディスプレーは8.9インチ(1024×600ドット)、CPUがAtom N270 (1.6GHz)、そしてストレージにはSSDを採用するなど、スペック的に両機の共通点は多い。本体サイズと重量は幅232×奥行き172×高さ31.7mm(最薄部27.2mm)/重さ1.035kgで、これもEee PC 901-Xとほぼ同等だ。

サイズ的にはEee PC 901-Xとほぼ同等

 デルの直販で購入した場合、キーボードは日本語版と英語版が選べる。英語版での比較した場合のキーサイズは、Eee PC 900-Xより1~2mmゆとりがある。このあたりが使用感にどう影響してくるかは注目したいポイント。

 もうひとつ面白いのが、Windows XP Home Edition SP3に加え、Linuxディストリビューションのひとつ「Ubuntu」を選べる点だ。Open Officeなどフリーのアプリケーションも付属しており、3Dデスクトップやデル専用のアプリケーションランチャーなどを備える。Linuxとはいっても敷居の高さを感じさせない。Ubuntuモデルの生産は9月中旬以降になる見込み。

 Inspiron Mini 9は、BTOに対応。メインメモリーやSSDの容量、ウェブカメラの有無、無線通信機能、OSなどが異なる3つの基本パッケージ(ベーシック、プレミアム、プラチナ)が用意されている。本体カラーもブラックとホワイトの2種類が選べる。

本体の内側はシルバーで共通。天板の色はブラックまたはホワイトが選べる

 日本での価格は、8GB SSD搭載のプレミアムパッケージで5万7980円。16GB SSDで、130万画素のウェブカメラやBluetooth 2.1などを備えたプラチナパッケージが6万4980円。Ubuntuを採用したベーシックパッケージが4万9980円となる。

 インターフェースに関しては、USB 2.0を3基備えるほか、5in1カードリーダーやEthernetポートなども装備する。標準バッテリーの駆動時間は3時間40分(4セルタイプ)。

 使用感などについては、後日詳細なレビューをお届けする予定だ。

表 Inspiron Mini 9とEee PC 901X
モデル名 Inspiron Mini 9
ベーシック
Inspiron Mini 9
プレミアム
Inspiron Mini 9
プラチナ
Eee PC 901X
標準モデル
価格 4万9980円 5万7980円 6万4980円 実売6万円弱
CPU Atom N270(1.6GHz)
メモリー 512MB 1GB 1GB(最大2GB)
SSD 4GB 8GB 16GB 12GB
ディスプレー 8.9インチワイド(1024×600ドット)
ウェブカメラ ── ──
無線通信 IEEE 802.11b/g IEEE 802.11b/g
+Bluetooth 2.0
バッテリー寿命 公称3時間40分 公称8.3時間
(JEITA測定基準)
サイズ(W×D×H) 232×172×31.7mm
(最薄部27.2mm)
225×175.5×39mm
(最薄部22.7mm)
重量 1.035kg 約1.1kg
OS Ubuntu 8.04
(デル版)
WIndows XP Home Edition SP3
カラー パールホワイト
オブシディアンブラック
パールホワイト
ファインエボニー

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー