このページの本文へ

TREND 「Silverlight」「Adobe AIR」――最新RIAは何を変えるのか

「asahi.com」「GyaO」動画配信から動き出したSilverlight

2008年06月20日 14時01分更新

二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ここ数年、Webコンテンツがどんどん華やかに、機能豊富になっている。その理由の1つは、「RIA」技術の浸透と進歩によるものだろう。

 ASCII.jpの読者であればご存じの方も多いだろうが、RIAとは「Rich Internet Applications」のこと。機能はもちろん、見た目も操作性も「リッチ」になったインターネット上のコンテンツ全般を差す。インターネットサービスは今や“総RIA化”へと突き進んでいるといってもあながち大げさではない。

 そんなRIAの世界をさらに盛り上げているのが、昨年から相次いで登場した、マイクロソフトの「Microsoft Silverlight」とアドビ システムズの「Adobe AIR」だ。本特集では、この2つの新しいRIAの最新情報を確認しながら、今後の展開についても考察する。1回目となる今回は、すでに国内でも採用事例が出始めている、Silverlighの特徴を押さえておきたい。


広がりつつある、Silverlight採用コンテンツ


 「Silverlight」は、RIAコンテンツをWebブラウザ上で実行するためのプラグインだ。ものすごくカンタンに言ってしまえば、「Adobe Flash」とほぼ同様のプラグインと考えてもいいだろう。

 ブラウザはInternet Explorer、Firefox、Safariと現在の主要なブラウザをサポート。また、WindowsおよびMacOS Xに両対応し、Linux対応の互換プラグイン「Moonlight」もNovelより提供されている。マイクロソフトが提供するプラグインではあるが、環境を選ばないのがSilverlightの特徴の1つだ。

 実はすでにSilverlightを使ったコンテンツは、いくつかのWebサイト上に公開されている。“論より証拠”というわけで、Silverlightがどのようなものかを知るには、実際に対応サイトを体感していただくのが早いだろう。以下に国内の代表的なサイトを2つ紹介するので、ぜひアクセスしてみてほしい。


■asahi.com「動画ニュース」
http://www.asahi.com/video/

asahi.com
ご存知、asahi.com「動画ニュース」。一部のニュースが動画とともに配信されている。基本的にハイビジョン動画だ

■GyaO
http://www.gyao.jp/newarrival/

GyaO
動画配信サイトGyaOの「新着ステーション」。公開前の映画予告編や新譜PVのダイジェスト、発売前のDVDの告知画像などが掲載される

 なお、Silverlightコンテンツを利用する場合、専用プラグインが必要だ。未導入の場合は対応サイトにアクセスした際にダウンロードを促されるほか、マイクロソフトのWebサイトから直接ダウンロードもできる。また、Windows Updateの「利用可能な更新プログラム」のリストにはSilverlightプラグインが含まれているので、任意でインストールしてもよい。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く