このページの本文へ

グリグリ回せ! 驚きの3D JavaScriptチェス

2008年06月18日 15時40分更新

文● 小橋川誠己/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前にJavaScriptで書かれたマリオカート(のようなカートゲーム)をご紹介したが、その作者のJacob Seidelinさんが再びJavaScriptでスゴイものを作った。それがこの「3D JavaScript Chess」だ。

 実際の画面はこちら。

3D JavaScript Chess

 見た目は確かに3Dのチェス。マウスで白黒の駒を交互にクリックしていくと、普通にチェスゲームが進められる。操作はマウスのほか、キーボードの数字キーにも対応している。

 と、ここまでなら、「あーなるほど。3DCGっぽいチェスの絵を動かしているのね……」で終わってしまうかもしれないが、もちろんそれだけではなかった! マウスでボードをつかんでドラッグした瞬間、ボードがくるりと動き出すではないか。


3D JavaScript Chess

 マウスを放した時点で、そのアングルに合ったチェスの駒が表示される。この操作はゲーム中いつでも可能で、アングル変更後もそのままゲームを続行できる。


3D JavaScript Chess

 たとえば、非常に見づらい構図ではあるが、下のような画面でもチェスが可能なのだ。


3D JavaScript Chess

 正直、“チェスが3Dになったから何かが変わる”というものでもないが、特別なプラグインを必要とせずに、“JavaScriptでこんな表現ができる”という格好の例としてはなかなか興味深い。でもやっぱりチェスの一人プレイはさびしいなぁ……。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART