このページの本文へ

ECS「NFORCE9M-A (1.0)」

拡張性の高いATX版「GeForce 8100」搭載マザー

2008年05月14日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週初登場となったNVIDIAのGPU統合型チップセット「GeForce 8100」搭載マザーに2モデル目となる「NFORCE9M-A (1.0)」がECSから発売された。

「NFORCE9M-A (1.0)」 先週初登場となったNVIDIAのGPU統合型チップセット「GeForce 8100」搭載マザーに2モデル目となる「NFORCE9M-A (1.0)」がECSから発売。安価なSocket AM2対応マザーだ

 「NFORCE9M-A (1.0)」は、先週発売となった「GF8100VM-M3 (V1.0)」のATX版となるもの。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667/533/400、最大32GBまで)という構成。「Hybrid SLI」(GeForce Boost)にも対応する。
 オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111B)、6chサウンド、Serial ATA II×5(RAID 0/1/5/0+1対応)、IDE×1などを搭載。GPU統合型チップセットながらオンボードのVGA機能は搭載されていない。I/O部はVGA機能がない分、すっきりとした印象だ。価格はアークとツクモパソコン本店IIで7980円となっている。

I/O部 ポップ
GPU統合型チップセットながらオンボードのVGA機能は搭載されていない。I/O部はVGA機能がない分、すっきりとした印象だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中