このページの本文へ

大きな液晶パネルとキーボードで快適にブラウジング

ソフトバンク、「922SH」を28日発売

2008年03月25日 21時30分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイル(株)は25日、インターネットアクセスに特化した携帯電話機「インターネットマシン SoftBank 922SH」を28日から全国発売すると発表した。

922SH
「インターネットマシン SoftBank 922SH」を開いたところ。左上がブロンズゴールド、左下がメタリックブラック、右上がパールピンク、右下がパールホワイト

 922SHの特徴は、テンキーではなくQWERTY形式のキーボードを備えていることと、一般的なPOP3/SMTPサーバーにアクセスできるメールクライアントソフトを内蔵していることだ。

 画面は横表示を基本としており、3.5インチワイドVGAサイズ(480×854ドット)のNewモバイルASV液晶パネルを採用。サブディスプレーは1.2インチ(128×64ドット)のモノクロ有機ELディスプレーとなる。

 そのほかのスペックは、メインカメラに有効約200万画素CMOSセンサー、サブカメラに11万画素CMOSセンサーを搭載。通話時間はW-CDMA利用時が約250分、連続待受時間が約340時間となっている。本体サイズは幅55×奥行き116.18×高さ110.6mm、重さは約123g。カラーはブロンズゴールドメタリックブラックパールホワイトパールピンクの4色が用意されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART