このページの本文へ

Aurora(オーロラ)

2008年01月14日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
MacのiTunesに入っている曲を目覚まし代わりに再生したいのですが、OS Xの「省エネルギー」では設定が面倒です。
A
時刻や音量、プレイリストを設定して、特定の時刻に再生したり、一定時間再生したらMacを終了する方法があります。
今回紹介するオンラインウェア
Aurora Aurora
開発元/metaquark
種類/寄付ウェア
インストール/単純コピー
http://metaquark.de/en/

MacとiTunesで快適な眠り&目覚めを

 「Aurora」は、設定した時刻にiTunesのプレイリストを再生できるソフト。管理者パスワードをあらかじめ設定しておけば、起床時間にMacがスリープしていても、Auroraが解除してiTunesで曲を再生してくれる。Macの「省エネルギー設定」などをいちいち変更しなくても使えるのが便利だ。

 さらに、アラーム終了時に登録してある書類やURLを開く機能もある。朝起きたらすぐに日程やメールをチェックしたいという、忙しい人にもうれしい。

Aurora アラームは複数設定しておけるので、曜日ごとに再生する時刻とプレイリストを別々に設定すれば、平日と休日で目覚めの音楽を変えることも可能。もちろん、シャッフルやリピートといった再生時のオプションも選べる

 スリープタイマー機能も秀逸。曲数や再生時間を設定しておくと、最後の数十秒間で音量や画面の輝度を下げたり、再生後にMacをスリープ/シャットダウン/ログアウトするオプションも用意されている。就寝時に好きなアーティストの曲を聴きながら、眠りにつくのもいいだろう。

Aurora 再生ソフトとしては、iTunes以外に「DVDプレーヤー」「QuickTime Player」もコントロールできる。スリープ再生時は、モニターの輝度や音量を徐々に下げたり、Macをスリープ/シャットダウン/ログアウトさせる機能もある

(MacPeople 2008年1月号より転載)


ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中