このページの本文へ

東芝、「業界最大級」の128GB SSDを発表

2007年12月10日 14時22分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)東芝は10日、シリアルATA接続のSSD(Solid State Drive)のサンプル出荷を2008年4月から開始すると発表した。1.8インチ2.5インチのサイズの、それぞれ32GB/64GB/128GBの3モデル、計6製品を用意する。モジュール版のサンプル出荷も2008年2月より実施する。

SSD 左がモジュール版で、右が完成版

 読み込み速度は100MB/sで、書き込み速度が40MB/s。平均故障時間は100万時間。DRAMキャッシュと連携したデータ転送や書き込み領域の平準化などに対応した独自開発のコントローラーを搭載。大容量化しても従来と同等の処理速度を実現しているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン