このページの本文へ

PhotoRescue(フォトレスキュー)

2007年10月08日 21時43分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
デジカメで撮影中、失敗写真と勘違いしてベストショットを消してしまいました……。なんとか復活させる方法はないですか?
A
メモリーカード内の写真データを、検出/復元できるソフトを試してみましょう
今回紹介するオンラインウェア
PhotoRescue PhotoRescue
開発元/ベルギーDateRescue社
種別/シェアウェア(29ドル)
インストール/単純コピー
http://www.photorescue.de/

消してしまった写真データを復元

 写真を消した直後であれば、メモリーカードの写真データを復元できる「PhotoRescue」で蘇るかもしれない。カメラ内で消去した場合、カタログ情報が削除されるだけで写真データ本体は残っているからだ。

 デモ版を使って、目当ての写真を復元できるか確認してみよう。保存するにはシェアウェア登録が必要だが、復元できることがわかってから登録すればいい。

 まず、写真を消してしまったメモリーカードをMacにマウントし、ソフトを起動して「写真ドライブ」ウィンドウでカードを指定して「OK」を押す。

PhotoRescue 起動すると現れる「写真ドライブ」ウィンドウで対象となるメモリーカードを指定。「入力タイプ」は「ドライブ」を選び、必ず「Thumbnail rendering」をチェックしておくこと

するとカード内のカタログ情報やセクター情報が解析され、復元可能な写真のサムネールが表示される。あとは必要な写真を選んでMacに保存すればいい。

PhotoRescue スキャンが終わって表示された写真は復元可能だ。目当ての写真が見当たらないときは、さらに詳細にデータをスキャンする「特別エキスパートモード」も試してみよう

 なお、一部が欠けていたり複数の写真が重なったサムネールは、すでに別のデータが上書きされているため、完全な復元は不可能だ。

(MacPeople 2007年7月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中