このページの本文へ

いまや有り余るパソコンのパワーを女児玩具に大活用!

【レビュー】リカちゃん テレビでんわ

2007年07月08日 07時18分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

子供の操作に合わせて光って鳴って動くような玩具が溢れている現在、オモチャの“電子機器化”の流れはいまさら驚くようなものではないのだが、(株)タカラトミーの『リカちゃん テレビでんわ』(関連記事)は純然たるパソコン用アプリケーションの”おもちゃ“という製品だ。

パッケージ リカちゃん テレビでんわの本体
『リカちゃん テレビでんわ』のパッケージ受話器から数字ボタンまでハートだらけ、全体がピンクのラブリーなリカちゃん テレビでんわの本体

リカちゃんでんわ』自体は40年近く前から存在するテレフォン・ボイスサービスであるが、この“テレビでんわ”はスタンドアロンのパソコンで動作するようになっている(したがって、利用にはインターネット接続環境は不要)。電話機自体はUSB接続のスピーカー&マイクで、インターネットフォン用のヘッドセットなどとまったく変わらない。リカちゃんテレビでんわにはインターネットフォン機能はないものの、IP電話ソフトなどの環境があれば現実の通話にも利用可能だ。

タイトル画面
リカちゃん テレビでんわのタイトル画面

テレビでんわの機能としては、受話器をとってリカちゃん(画面上で3Dアニメーションする)と「会話」するものなのだが、音声認識エンジンと音声合成エンジンが入っており、最初に登録したユーザー名で呼びかけてくれるほか、チャットではなく音声でも“会話“することができるようになっている。ちなみに、会話中の音声自体は録音されたナチュラルボイスが使われており、登録した名前を呼ぶときのみ合成音声を用いる、という仕組みだ。

テレビでんわの画面 リカちゃんとの会話画面
アプリケーションをインストールし、電話をUSB接続すれば自動的にテレビでんわが起動するようになる。アプリケーション単体での起動はできず、終了ではなく常時待機画面という思い切った割り切り方がされている受話器を取ればリカちゃんが画面に現れて“会話”が始まる。待機画面から、いきなりリカちゃんが電話をかけてくるときもあって予断を許さない。なお、かけてくる回数はセットアップで指定できる

基本的な会話はリカちゃんの問いかけに答えることで会話が進み、200本以上の会話シナリオパターンが用意されている。リカちゃんが話すことに対して返答をすれば、そこからキーワードを拾って別の話を始めるなど分岐も用意されており、ミニゲームのようなモードも用意されているなど(おそらく)女児的には飽きさせない工夫もなされている。

リカちゃんとの会話 リカのママが登場するセットアップ画面
音声認識とはいえ、“会話”の進行はかなり限られている。それでも実際に使ってみると、返答の単語が選択肢タイプなので認識率はかなりいいパソコンのデスクトップに作成される“ママのお部屋”というのがいわゆるセットアップ画面で、保護者の方へのチュートリアルやセットアップ、ボイスメッセージの録音・再生となっている。もちろん案内するのはリカのママだ

とはいえ、パターンが出尽くすというほどではないものの、用意されたシナリオを用いているだけあって、やや会話が単調な印象を受けるのは残念。例えば、リカちゃんが知らない単語をプレイヤーが会話の中で教えるような、人工無能的な展開もあってもよかったのではなかろうか(いつのまにかリカちゃんが変な単語を覚えるというのは女玩として問題ありかもしれないが)。

パッケージの内容一覧
リカちゃん テレビでんわのパッケージの内容一覧。ソフトはDVD-ROMで提供されている

また、オマケ的な機能として、親などが伝言を録音しておいて子供が再生できるという“留守番電話機能”なども付いていたりするのだが、なによりアプリケーションなので語彙や会話機能は今後のアップデートで増やすことができるという可能性にも期待したい。

リカちゃん テレビでんわを実際に体験
リカちゃん テレビでんわを実際に体験しているところ。真面目な顔で始めてみたものの、ついつい顔がほころんでしまう

パソコン用アプリいうこともあって、パソコンとの会話をきちんと取り入れた“おもちゃ”というのは珍しい。音声認識を用いた“おもちゃ”としては『ファービー』(実は認識してなかったけど)を始めとしていくつかあるものの、やはり玩具に入るハードウェアでは“実用的“な認識性能という点はいまひとつだった。この『リカちゃん テレビでんわ』は、パソコンをおもちゃの一部としたことでパソコンのリソースをうまく活用した新しい玩具と言えそうだ。もちろんいわゆる知育ソフトの類などではパソコンを用いているものも多いわけだが、もっとシンプルにパソコンをプラットフォームとしたオモチャというのも、もっと普及しそうな予感がする。



リカちゃん テレビでんわの主な動作環境
製品名 リカちゃん テレビでんわ
対応OS Windows XP 日本語版(SP2以降)
CPU Pentium III-800MHz以上(1GHz以上を推奨)
メモリー 128MB以上(256MB以上を推奨)
HDD 1.5GB以上
サウンド 44kHz/16bitPCMサウンド再生(Direct X対応を推奨)
光ドライブ DVD-ROM
USB 1ポート


カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART