このページの本文へ

省スペース型の77キーボードも

バッファロー、実効転送速度を高速化する“TurboUSB”対応のUSBフラッシュメモリーを発売

2007年05月30日 14時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは30日、USBフラッシュメモリーの新製品として、USBの実効転送速度を約37.0MB/秒に高速化する独自技術“TurboUSB”を搭載した“RUF-CS”シリーズを6月中旬に発売すると発表した。また、TurboUSBを搭載しないバリューモデルの“RUF2-EL”シリーズを6月下旬に発売する。価格はいずれもオープンプライス。

RUF-CSシリーズは、128MB/256MB/512MB/1GB/2GB/4GB/8GBの7製品で、本体カラーはブルー/ブラック/グリーン/ピンクの4種類をラインナップする(ただし128MBモデルはブルーのみ、256MB/8GBモデルはブルーとブラックのみ)。予想実売価格は、順に1800円前後、2000円前後、2500円前後、3000円前後、4700円前後、8600円前後、1万7000円前後。

RUF2-ELシリーズは、512MB/1GB/2GB/4GB/8GBの5製品をラインナップする。本体カラーはブルーとブラックの2種類。予想実売価格は、順に1800円前後、2700円前後、4200円前後、8300円前後、1万6500円前後。

RUF-CSシリーズ RUF-CSシリーズ。左からブラック、ブルー、グリーン、ピンク。

RUF-CSシリーズは、TurboUSB機能の搭載により、実行転送速度を読み込み速度で約37.0MB/秒とし、従来製品『RUF-C8GS-BL/U2』の約31.8MB/秒に比べて、約16%向上させたのが特徴。また、従来製品同様、128bit AES方式によるデータの暗号化機能や、USBフラッシュメモリーを鍵として、USBフラッシュメモリーを抜くとパソコン画面の盗み見やキーボード操作が行なえなくなる“PCロック機能”を備えた同社のソフト『SecureLockWare』にも対応する。SecureLockWareは同社ウェブサイトにおいて無償ダウンロード形式で提供するが、対応製品以外では利用できないという。SecureLockWareの対応ソフトはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE(ただし、Meおよび98 SEはデータの暗号化に対応せず、PCロック機能のみが利用できる)。

インターフェースはUSB 2.0(Hi-Speed対応)/1.1に対応。本体サイズは幅16.6×奥行き9.4×高さ20.6mm、重量は約10g。電源はUSBバスパワーを利用する。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98 SE/98、Mac OS X 10.1以降、Mac OS 9.0~9.2.2。

RUF2-EL RUF2-ELシリーズのブルーモデル(左)とブラックモデル

RUF2-ELシリーズは、TurboUSB機能を省略し、SecureLockWareに非対応のバリューモデル。本体サイズは幅18×奥行き8.3×高さ73mm、重量は約10g。電源はUSBバスパワーを利用する。対応OSはRUF-CSシリーズと同じ。

BKBU-J77 BKBU-J77/BK(ブラックモデル)(上)とBKBU-J77/WH(ホワイトモデル)

あわせて、同社は横幅218mmの省スペースUSBキーボード『BKBU-J77』を6月下旬に発売すると発表した。価格は5320円(税別)で、本体カラーはホワイトとブラックの2種類。キー部分はパンタグラフ方式の日本語77キーボードで、キーピッチは16.8mm(キーストロークは非公開)。インターフェースはUSB 2.0/1.1。本体サイズは幅218×奥行き16×高さ104mm、重量は203g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン