このページの本文へ

ナビタイムジャパン、“屋根が多い”“階段が少ない”などのルート案内に対応

2007年05月23日 20時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナビタイムジャパンは23日、KDDI(株)と協業で提供している歩行者向けナビゲーションサービス“EZナビウォーク”において、“屋根が多いルート”や“階段が少ないルート”を優先したルート案内を同日付けで開始したと発表した。EZナビウォークの利用料金は1日95円と月額210円、歩行者ナビ機能に加えて“道路情報”“鉄道運行情報”も利用できる月額315円の3つのコースから選択できる。

屋根が多いルートが追加されている ルート案内イメージ
屋根が多いルートが追加されているルート案内イメージ

今回の機能強化は、EZナビウォークの徒歩ルート検索条件に、新たに“優先ルート”として屋根が多いルート階段が少ないルートの2つを追加したもの。屋根が多いルートは、地下街・アーケードなどの屋根があるルートを優先して案内する。階段が少ないルートは、歩道橋や地下道などの階段を避けるルートを優先して案内する。これから梅雨や夏を迎えて、紫外線や雨天を気にする利用者を考慮した機能だとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン