このページの本文へ

日本電子出版協会、“JEPA 電子出版大賞”を創設

2007年05月21日 18時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電子出版協会は21日、日本の電子出版物の育成と普及啓蒙を目的として、“JEPA 電子出版大賞”を創設したと発表した。第1回目の発表会を7月5日に東京・有明の東京国際展示場で開催される“第14回 東京国際ブックフェア”の会場内で行なう。今月末まで候補作品の登録(推薦)が行なえ、6月1日からはエントリー作品への投票が開始される。

JEPA 電子出版大賞は、コンテンツ主体のゲームソフトから、オンライン・サービスまで、広義の電子出版物を対象として、サービス提供者に対して授与するもの。

ジャンルは、“オリジナル・サービス賞”“ベンチャー・マインド賞”“デジタル・インフラ賞”“アドバンス・デバイス賞”“ユニーク・コンテンツ賞”“エキサイト・コンテンツ賞”“ベスト・アイデア賞”“サーチ・テクノロジー賞”“ロングセラー賞”の9ジャンルで構成される。各ジャンルに1作品に賞を与え、その中から大賞1作品を選定する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン