このページの本文へ

インターチャネル・ホロン、ライセンスのみを店頭販売する“パソコンソフト使用権”の販売を開始

2007年05月14日 13時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターチャネル・ホロンは14日、シリアルキーの書かれたライセンス使用権カード“L.A.C”(ラック)を使い、パソコン用ソフトのライセンス“パソコンソフト使用権”のみを店頭販売する方式で、ソフトウェア17タイトルの店頭販売を開始すると発表した。販売店の第1号は上新電機(株)のJ&Pテクノランド(大阪市)で、18日より販売を開始する。

“L.A.C”のサンプル
“L.A.C”のサンプル。実物はテレホンカード大で、表にソフトウェアの名称など、裏にシリアルキーが書かれている

L.A.Cとは、ソフトウェアの使用権を示すテレホンカード大のカードで、カード裏面にはシリアルキーが記載されている。ソフトウェア自体はパッケージに含まれない。購入者は店頭で希望のソフトのカードを購入後、パソコンで専用ウェブサイトからソフトウェアをダウンロードして導入、使用する。一般的なソフトウェアのダウンロード販売では、ウェブサイトで購入処理を実行後に、電子メールなどでシリアルキーが交付されるが、L.A.Cを使った今回の販売方式は、このシリアルキーを店頭で購入するものと考えれば分かりやすい。

ファイルのダウンロード回数には制限がなく、OSの入れ替えやパソコンの買い換えなどを行なっても、再導入が容易に可能としている。ただし、インターレックス(株)が開発した著作権管理技術“Buddy”(バディ)を利用しており、ひとつのシリアルキーで同時に複数台のパソコンからソフトを使用することはできないという。

販売される17タイトルは以下のとおり。

  • かんたんPDF 編集
  • 昭和の脳トレ 想い出体操 青春編
  • 昭和の脳トレ 想い出体操 旅情編
  • あらすじで覚える速読のススメ
  • あらすじで鍛える速耳のススメ
  • 脳力トレーナー
  • 脳力トレーナー アタマスキャン
  • パーフェクトキーマスター2
  • V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007
  • V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ
  • やるぞ!確定申告2007
  • 目に効く 星物語 Powered by ストレッチアイ
  • 目に効く 四季彩 Powered by ストレッチアイ
  • ハローキティのわくわく家計簿
  • iPod でどこでも英会話
  • えいご道場
  • リスニング道場
L.A.Cで販売されるソフトのひとつ、『えいご道場』 L.A.Cで販売されるソフトのひとつ、『えいご道場』

ソフト販売店にとっては、スペースを取るソフトウェアパッケージが不要になるほか、物流コストも下げられるメリットもある。販売価格はパッケージ版と比較して1割程度安く、インターチャネル・ホロンが行なっているダウンロード販売と同程度の価格になるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン