このページの本文へ

体験版だけど車種24台も収録!!

マイクロソフト、Xbox 360用レースゲーム『Forza Motorsport 2』の体験版の配布を開始

2007年05月10日 23時45分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は10日、今月24日に発売予定のXbox 360用ゲームソフト『Forza Motorsport 2』(フォルツァ モータースポーツ2)の体験版の配布をXbox LIVEの“マーケットプレース”内で開始した。ファイルサイズは691MB。

Forza2タイトル Forza Motorsport 2タイトル画面((c)2007 Microsoft Corporation. All rights reserved.)

Forza Motorsport 2は、2005年に初代Xboxで発売された『Forza Motorsport』の続編にあたるレースゲーム。毎秒360回もの挙動計算や新たに計測し直したコースおよび車種など、とことん作りこまれたゲーム内容がウリとなっている。この体験版では、製品版に収録されている310車種のうち、R2クラス、Aクラス、Cクラスから8車種ずつ、計24車種が収録されている。走行できるコースはイタリアのMugello(ムジェロ)サーキットのショートコースのみ。ただ、オンライン対戦機能は搭載せず、7台のAIと対戦するオフライン走行のみとなっている(製品版はオンライン対戦に対応)。

ムジェロ デモで走行できるのはムジェロサーキットのみとなる
M3 F430 R390
Cクラスで用意された“BMW E36 M3”。製品版でも市販車のスポーツカークラスがCクラスに所属するAクラスの“Ferrari F430”。Aクラスは、ほぼスーパーカーのみとなるR2クラスの“Nissan R390 GT1”。Rクラスはレースカーのみが所属する
ボンネット視点 バンパー視点
F430のボンネット視点同じくF430のバンパー視点。バンパー視点では上部にバックミラーが表示される

また、ギア比やトー、キャンバーなどの車に対するセッティングはできず、アシストのオン/オフや表示項目の設定などにとどまっている。キーコンフィグ機能も搭載されていないようだ(製品版では搭載)。

コンフィグ キーコンフィグはできない

体験版の配布に併せて、同社が提供している“Forza Motorsport 2公式ブログ”では、“Forza2遊びのお作法”として、Forza2でうまくドライブするための“コツ”が記載されている。なかなかうまく運転できない人は参考にしてみるといいだろう。

なお、午後9時の時点でダウンロードは非常に混み合っており、なかなかダウンロードできない状態になっていたが、午後11時現在では比較的スムーズにダウンロードできた。もしなかなかパーセンテージがなかなか進まないようだったら、一度ダウンロードを取りやめて再度ダウンロードしてみよう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン