このページの本文へ

協会の名誉会長は、養老孟司氏

日本ニュース時事能力検定協会と毎日新聞社、第1回“ニュース検定”の詳細を発表

2007年05月08日 12時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

任意団体 日本ニュース時事能力検定協会と(株)毎日新聞社は8日、9月2日に第1回を実施する、新聞やテレビ放送のニュース報道を読み解くための時事力を認定する“ニュース時事能力検定試験”(通称、ニュース検定)(関連記事)の詳細を発表した。試験会場は東京23区内や横浜など全国20ヵ所。申し込み期間は6月1日~7月31日。申し込みは公式ウェブサイト(http://www.newskentei.jp)からのほか、一部書店でも可能となっている。

検定のレベルとして、小学生高学年や中学生向けの5級から、社会人向けの1級まで5段階のレベルを用意する(併願も可能)。試験方法は四肢択一のマークシート方式(1級は一部記述含む)。受験資格は特になし。検定料金は各級で異なり、5級は2900円、4級は3600、3級は3900円、2級は4900円、1級は6500円。なお、1級は2級合格者のみが受験可能で、第1回は5~2級までの実施となる。協会監修の公式テキストはすでに書店で販売されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン