このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Opera Software訪問記(2)

HTML 5が変えるブラウザーの表現能力

2007年04月27日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノルウェーのブラウザーメーカーOpera Softwareが考えるブラウザーの未来。第2回目は、同社が現在注力している“3つの柱”について紹介しよう。具体的には、下記の通りだ。

  • デスクトップ製品(パソコン用ブラウザー)
  • モバイル製品(携帯電話やPDA用ブラウザー)
  • デバイス製品(ゲーム機など、組み込み機器用ブラウザー)

Opera 9.2


デスクトップ製品では最新のOpera 9.2が登場


 まず、パソコン用のブラウザーの分野では、4月に最新版の『Opera 9.2』がリリースされたばかりだ(関連記事)。

Opera 9.2
Opera 9.2が4月からリリースされている

 Opera 9.2では“Speed Dial”(スピードダイヤル)と呼ばれる新機能が追加された。これは、ユーザーが選択した9つのサイトをサムネイル付きで表示し、ブックマークとして利用できるもの。サムネイルは、サイトの最新状態を反映したものになっているほか、ドラッグ&ドロップで位置や順序を自由に入れ替えられる。サイトを開く際には、マウスクリックを利用する方法のほかに、アドレスバーに1~9の数字を入力したり、Ctrl+数字キーで指定する方法も選べ、ワンタッチでよく見るサイトに飛べるようになっている。ダウンロードは“Opera 日本語公式サイト”から行なえる。

Speed-dial
Opera 9.2のSpeed-dial(画面は開発中のもの)

 Opera Softwareでは、Opera 9とそのマイナーバージョンアップ版(Opera 9.0~9.2)を“Merlin*のコードネームで呼んできたが、このあとに控えるメジャーバージョンアップ版として『Opera 9.5』(Kestrel*)、さらにその先の『Opera X』(Peregrine*)のリリースも予定されている。

* Merlinは小型のハヤブサ、Kestrelは小型のタカ、Peregrine Falconはハヤブサを指すが、いずれもロールスロイスの航空機用エンジンの名称としても知られている。

 これらの詳細やリリース時期に関しては、現状では明らかになっていない。逐次Opera for Desktopチームの公式ブログ(http://my.opera.com/desktopteam/blog/)で明らかにしていくという。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART