このページの本文へ

予想に反し、エレコムの虐待系キャラ「もぐも君」に2代目が出た!

2007年02月24日 21時18分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世の中にはどう客観的に判断してもカワイイキャラではなく、なぜ会社上層部のGoサインが出てしまったのだろうと不思議に思うものが市場に出回るということが多々ある。今回紹介する「もぐも君」なるキャラクタも、そういう類のものと言っても差し支えがないだろう。

もぐも君 今回登場したシリコン製の「メモリーカードケース」であるもぐも君。メモリサイズにより3種類

 この「もぐも君」というキャラ、実は昨年の10月に初めて日の目をみている。USBメモリを体内に丸飲みしてしまうという、編集部では一部編集スタッフから「かわいいか? というか、想像するとなんか、ねえ……PV稼げないよ」との反対の声が上がり、結局掲載には至らなかった。それから約4ヵ月――我々編集部側の予想に反し、そのキャラが帰ってきた。それも大中小大きさが違う形で……。ということは市場での受けは多分よかったのかっ!

カラー 従来製品と比較
カラーのラインナップは戦隊モノのようにレッド、イエロー、ブルーがラインナップされている左が今回登場したシリコン製のもぐも君、右が従来からあるもぐも君。頬のコケがなくなり、健康的になった

 今回登場したのは前回の布製から一歩進化したシリコン製の「メモリーカードケース」。SD、miniSD、microSDというメモリサイズに合わせて3タイプ、それに頭部のカラーがレッド、イエロー、ブルーの3種類となっており、計9種類のケースがラインナップされている。使い方は簡単で、頭部をキャメルクラッチをするように90°に曲げ、口の部分にメモリを押し込むだけ。頭部にはストラップもついているので、携帯電話やデジタルカメラなどにも取り付けることができる。サイズはそれぞれSDメモリーカード用が39(W)×12(D)×64(H)㎜、miniSD用が34(W)×12(D)×53(H)㎜、microSD用が20(W)×10(D)×35(H)㎜となっている。価格はどれも780円でパソコンハウス東映で販売中だ。

もぐも君 もぐも君 もぐも君
もぐも君へのメモリーカードの収納方法は写真の通りの簡単さ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中