このページの本文へ

2005年09月02日 00時00分更新

ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー

【レビュー】“いきなりその場で無線LAN”のASCII24 Wireless Gateに強い味方

文● 編集部 佐久間康仁

8月4日に、ASCII24 Wireless Gateをより便利に使うためのInternet Explorer用機能拡張ツール““WirelessGateツールバー(愛称:ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー)”がリリースされた。ここでは、ワイヤレスゲートデスクトップストリーマーの概要やメリットについて紹介する。

ここが便利

  • “接続ボタン”一発で、簡単接続!(無線LAN接続の事前登録不要!!)
  • 外出先で使える最寄の無線LANスポットを検索!!
  • さらにアスキー デジタル用語辞典でのIT用語の検索や、RSSを受信・表示!!

●“ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー”ってどんなツール?

“IEバー”
“ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー”に含まれる三種の神器、その1“IEバー”

“ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー”には、次の3つのツールが含まれている。

  1. IEバー
  2. ストリーマー
  3. 接続ツール

 “IEバー”は、Internet Explorerのツールバーとして機能し、利用可能な無線LANスポットを検索する“エリア検索”やアスキー デジタル用語辞典での“用語検索”など各種ユーティリティーを呼び出せるほか、無線LANの電波受信状況を5本のバーで確認できる。

“ストリーマー”
“ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー”三種の神器、その2“ストリーマー”

 “ストリーマー”は、デスクトップの最上部に電光掲示板のように受信したRSS(登録したウェブサイトの最新記事見出し一覧とリンク情報)を表示する機能。また、特定キーワードを含む見出しのみピックアップして、ポップアップウィンドウに表示することもできる。

“接続ツール”
“ワイヤレスゲートデスクトップストリーマー”三種の神器、その3“接続ツール”

 “接続ツール”は、IEバーの“接続ボタン”と連動し、その場で利用可能な無線LANサービスを検索・表示したり、無線LANサービスへの接続/切断を切り替えるツール。接続開始後の利用時間も表示される。

 なお、動作環境は対応OSはWindows XP、ウェブブラウザーはInternet Explorer 5.5以降、CPUはPentium II-300MHz以上、メモリー128MB以上となっている。

●どんなメリットがあるの?

“IEバー”の設定メニュー
“IEバー”の設定メニューで、ユーザー情報をあらかじめ登録しておける

 ずばり、ワイヤレスゲートデスクトップストリーマーを使うメリットは、大きく次の3つが挙げられる。

  • 移動先でASCII24 Wireless Gate を利用するには、IEバーの“接続ボタン”を押すだけでOK!(無線LAN接続のためのESS-ID/WEPキーはプリセットされており、ID/パスワードを事前に一度入力するだけで済む!)
  • 出かける前に、無線LANの利用可能な場所を詳細な地図情報や料金、利用可能な時間帯などを調べておける!
  • 無線LANを使わないときでも、パソコン用語の検索やRSS受信で最新情報をいち早く入手できる!!
詳細な地図と価格情報 RSS受信の設定画面
無線LANの利用可能な場所の詳細な地図と価格情報などが確認できるRSS受信の設定画面。よくみるサイトがRSS配信に対応していれば、“ストリーマー”に更新情報を表示できる

 さらに、天気や占い、スカパー!BBのコンテンツ情報を受信することができる。

 ASCII24 Wireless Gateのユーザーや、日々屋外でもノートパソコンを活躍させているアクティブなモバイルユーザー、さらに最新情報をいち早く入手するべくアンテナを張ったビジネスマンにも、ぜひ使ってほしいツールだ。

ワイヤレスゲートデスクトップストリーマーの入手先はこちら

http://www.wi-gate.net/ascii24/

■関連サイト


現在のアクセスポイント

総数 カ所

Wireless Gate注目記事

サービスエリアを検索

素朴な疑問

使用可能接続業者

PSP®ニンテンドーDSでインターネットにアクセスしちゃおう!ワイヤレスゲート利用エリアで、PSP®ニンテンドーDSでからでもブロードバンド。ネットも動画もPSP®ニンテンドーDSでOK!