このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2018年版第20回

2018年6月26日放送

性能よりも所有感!? つばさのゲーミングノート選定基準にゲスト驚愕

2018年07月03日 18時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年6月26日(火)は「いま欲しい最強ゲーミングノートはコレ!週アスMOOK発売記念SP」を放送しました。

 週アスMOOK発売記念SP! 生放送で「ゲームに強いノートPC」特集をお届けしました!

 今買いたいゲーミングノートを今回はつばさ基準で選定。さらに、人気ゲーム「フォートナイト」を実際にプレイしながら、いま買いの製品を選びます。

 出演は、アスキーからおなじみMCつばさと万年”次期編集長候補”のアキラ。さらにスペシャルゲストとして、eスポーツ実況解説でおなじみ、ゲームキャスター岸大河さんをお招きしました。現場では、PCのどんなところが重要になるのか? プロ目線の意見をうかがいます。それでは放送をふりかえります。どうぞ!

 こちらはつばさがゲーミングノートを選ぶ基準。ゲーミングノートを所有しているという感じが大事ということでデザインが最重要項目になっています。インターフェースも当然沢山あったほうがいいので2番目に重視。

 この選定基準に岸大河さん「え? 性能が3番目? インターフェースが上!?」と驚きを隠せない様子。ちなみに岸大河さんの選定基準は1.性能、2.インターフェース、3.重量、4.デザイン、5.サイズとのこと。

 そんなつばさにアキラがまず紹介したゲーミングノートはMSIの「GS65 Stealth Thin 8RF-007JP」。

 1.8kgの筐体に6コアCPUとGTX1070搭載、MSIのプレミアムノートPCです。

 薄型のためキーストロークが浅いのが気になるつばさですが、持ち運びに適した重量とサイズ、光るキーボードやACアダプターの大きさなど、とても気に入ったようです。

 続いて紹介したのは、DELLの「New Dell G7 15 プラチナ」。

 ゲーミングノートといえば「黒い筐体」&「ライトアップ」のイメージが強いですが、こちらの製品はそのイメージとは逆行するデザインです。

 もちろん性能はゲーミング仕様。アキラ曰く「見た目がゲーミングノートに見えない……これは世の中のお父さんと、大学生にオススメしたい。お母さんを騙せるPCです!」とのこと。「超わかるーーー!!!!!」と激しく共感する岸大河さん。

 「お母さん騙す必要ある?」とデザイン重視のつばさには響かなかったようですが、ゲーミングノート特有の派手なデザインを避けたいユーザーには結構売れているとのこと。

 日本HP「OMEN X by HP 17 エクストリームモデル」も紹介。

 今回紹介したゲーミングノートの中では最高重量の4.51kgを誇る超ド級PCです。キーボードもメカニカル仕様で打ちやすいようです!

 「OMEN X by HP 17 エクストリームモデル」のACアダプターの重量は、およそ1.2kgとこちらもなかなかのインパクト。持ち運びには難ありですが、普段は据え置きで使い、LANパーティーなどのイベントの際に持ち出すという運用ができそうですね。このほかにも注目のゲーミングノートを紹介しているのでぜひご覧ください!

 番組後半には! 紹介した製品を使ってフォートナイトの期間限定モード「ファイナルファイト: チームバトル20」でゲーミングノートの使い心地を試しました! つばさはMSIの「GS65 Stealth Thin 8RF-007JP」、岸大河さんは日本HPの「OMEN X by HP 17 エクストリームモデル」を使用。

 使い心地はどうなのでしょうか? 気になった方はぜひぜひ本放送のアーカイブをご覧ください!

 番組の最後には、ムラリンが週刊アスキー No.1184の紹介をしました。それでは本放送のサンプル動画をどうぞ。


 「いま欲しい最強ゲーミングノートはコレ!週アスMOOK発売記念SP」放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!