このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第49回

全製品がヒットした奇跡のメーカー・ハンドスプリングのPDAこそスマホの元祖だ

2017年07月30日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1990年代を代表するPDAだったパーム(Palm)。そのパームより先進性のあるハードウェアを多数送り出したハンドスプリングの歴史を振り返ります。

 わずか数年間だったとはいえ、ハンドスプリングはPDAからスマートフォンへの流れを先読みした、先進性のあるメーカーでした。

スプリングボードで電話やワイヤレス通信ができたVisor

 ハンドスプリングは、元々パームの開発者であったジェフ・ホーキンス氏がスピンアウトして設立した会社です。

 1998年にパーム互機である「Visor」を世に送り出しました。iMacブームの流れを汲んだトランスルーセントのボディーが目立つ製品でしたが、大きな特徴を持っていたのです。それは「スプリングボード(Springboard)スロット」と呼ばれる、拡張性を持ったスロットの存在です。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!