このページの本文へ

倶楽部のAV特集第16回

有機ELテレビってパナソニック、ソニー、LG、東芝それぞれ何が違うの?

2017年07月21日 17時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2017年のテレビ市場における最大のトピックスと言えば「有機ELテレビ」だ。特に「大画面」かつ「最先端の技術」を備えたハイエンドのテレビが欲しいという人の関心度は高いはずだ。

 昨年までは、自社でパネルの生産も手掛ける「LGエレクトロニクス」など限られたメーカーの製品しか市場に存在しなかった。しかし年明け以降、東芝・ソニー・パナソニックなど国内大手が次々と市場に参入した。8Kと液晶に焦点を当てているシャープを除けば、ほぼ全社が市場に参入したといっていいだろう。

 まだまだ高価な選択肢ではあるが、スタイリッシュな薄型の筐体、自発光ならではの深い黒の表現などはやはり魅力。55~77V型クラスの高級機種として、各社が力を入れている。ここでは各社の新製品の特徴を見ながら、有機ELテレビの特徴を整理する。

 現在、4社の有機ELテレビが出そろった形だが、映像と音をじっくりと確認するのはもちろんだが、薄型パネルの魅力である、細部までこだわったデザインにも注目してほしい。見慣れた液晶テレビとはひと味違う、新しいテレビに新鮮な驚きを感じるはずだ。

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!