このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第510回

2019年カレンダーをT教授が独断と偏見でチョイス

2018年12月05日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●南田/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
先月から多数の「来年のカレンダー」を衝動買い。今回はその中でもユニークな3点をご紹介。活版カレンダーはワイフ、Guitarsは筆者、WESTIESは娘、そのほかのロールカレンダー 2019、ななめもーる 2019年、2019パイン材 ミニカレンダーの3個は筆者用 先月から多数の「来年のカレンダー」を衝動買い。今回はその中でもユニークな3点をご紹介。活版カレンダーはワイフ、Guitarsは筆者、WESTIESは娘、そのほかのロールカレンダー 2019、ななめもーる 2019年、2019パイン材 ミニカレンダーの3個は筆者用

歳の瀬といえばカレンダー選びの季節
独断と偏見で選ぶ3種類の2019年カレンダー

 早いもので、2018年も年の瀬がやってきた。年の瀬と言えば来年の日めくりやカレンダーを選ぶ絶好の機会だ。最近は、昔よりも自由な選択度が増し、1月始まりのカレンダー以外にも4月始まり、9月始まりなど使う対象セグメントに合わせてフレキシブルな商品が増えてきた。しかし、今も商品選択の幅の最も広いのは1月始まりのカレンダーであることに変わりはない。

 毎年11月の末ごろになると、都内の大手の書店やステーショナリーショップでは来年度のカレンダーを一堂に集めた販売キャンペーンが始まる。昨年の今ごろは知人のイラストレーターと二人で2018年度版のオリジナルカレンダーである「365連休カレンダー」を作っていたが、今年はいろいろなバタバタが続き、2019年版を作るタイミングを失ってしまった。

去年末、イラストレーターと2人で300部弱ほど作って友人らに配った超個人的「365連休カレンダー2018」今年はバタバタで続編の企画が遅れてしまった タイトルどおり、すべての日が赤い祭日形式。土曜日は社会との繋がりのために青色に。祭日はすべて黒。街は「混雑なので出かけるな」の意味
去年末、イラストレーターと2人で300部弱ほど作って友人らに配った超個人的「365連休カレンダー2018」今年はバタバタで続編の企画が遅れてしまったタイトルどおり、すべての日が赤い祭日形式。土曜日は社会との繋がりのために青色に。祭日はすべて黒。街は「混雑なので出かけるな」の意味

 そんなこともあり、11月末ごろから都内の関連ショップに行って、時間が少しでもあれば来年のカレンダー購入のためにいろいろ物色していた。ショップの店頭だけではなく、ウェブ通販やクラウドファンディングなども参考にして、最終的には10種類ほどの来年度のカレンダーを衝動買いしてしまった。

 我が家の部屋数や家族数を大きく上回る来年のカレンダーを衝動買いしてしまったので、忘れて余って無駄にしないためにも身内で頒布会を開き、すでに年が明ける前に数点があちこちに嫁いでいった。今回は、意図的に残した数点のカレンダーから筆者が独断と偏見で選んだ2019年度のカレンダーを3つほどご紹介したい。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン