このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析第21回

アップルが展開するコンピュータ選びの戦略:

iPad ProはMacとの併用がおすすめ

2018年11月27日 16時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはこれまで、直営店で値引き販売をほとんどしませんでした。アップル製品を安く手に入れるには、オンラインで販売される再生備品を手に入れたり、学生や教職員の割引きを利用するくらいしか方法がありません。

 しかし、米国では11月末の年末商戦の前哨戦に、なんとアップル自らが割引販売をしていました。

●形骸化したブラックフライデー

 日本は休日が少ないというイメージが強いのですが、実はそうではありません。米国の方が定められた休日は少なく、また休日とされていても休まない人もいるぐらい。休めるとき休みたいときにきちんと休むから、国が休みを規定してあげなくてもいいわけです。

 それでも米国中が一斉に休むタイミングはいくつかあり、中でも最大規模の休みが「サンクスギビング」です。11月の第4木曜日と指定されており、基本的にはみんな実家に帰って家族と過ごしたり、リゾートで羽を休めたりするのです。

 サンクスギビングの翌日、金曜日が「ブラックフライデー」。ほかのブラックな曜日は経済的に不吉なイメージがありますが、ブラックフライデーのブラックは黒いインクのブラック、つまり黒字化を目指したセールを意味します。

 かつては金曜日の午前0時に店の前に並び、数に限りがある出血セール品を手にしようとしていましたが、寒くなる時期、家族の団らんを打ち切って真夜中に並びに行くなんて、不合理にもほどがありますよね。

 さらに、週末明けの月曜日は「サイバーマンデー」と呼ばれ、Eコマースの売上高が最大化する日とされていました。しかし最近ではブラックフライデーのオンラインセールも幅を利かせるようになり、大抵11月の中旬からフライングでセールを始めてしまうため、なんとなく不明瞭な雰囲気になってしまいました。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン