このページの本文へ

iPad Pro、MacBook Air、Mac mini……アップル2018年10月新製品まとめ第23回

新型iPad Pro用、新Apple Pencilは使いやすい?

2018年11月08日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第2世代のApple Pencilを使う

 新型のiPad Proの発売と合わせて、第2世代のApple Pencilが発売された。

 第2世代のApple Pencilは新型のiPad Proのみに対応。反対に、第1世代のApple Pencilも新型のiPad Proでは使えない。

 つまり、新型のiPad ProでApple Pencilを使いたければ、かならず第2世代のApple Pencilが必要になる。誤って使えない組み合わせで購入しないように注意しよう。

 Lightning端子に接続して充電していた第1世代のApple Pencilと異なり、第2世代のApple Pencilは専用の端子にマグネットで吸着するだけで利用できる。

 接続されると、ペアリング用のポップアップが出現し、充電が開始される。

 初めてペアリングしたときだけ、ガイダンスが表示される。

 ペンの脇をダブルタップして、ペン先を変更する機能が新たに設けられた。

 タップするのは上の写真のあたりだ。

 長年使用して、ペン先がすり減ってしまっても、ペン先(Apple Pencilチップ)だけ交換できる4個入りで2376円。

 なお、ペアリング、充電がきちんと開始されないときは、貼り付ける位置が悪いかもしれない。上の写真のように中央付近に貼り付ける。

 中央から大きくずれると、うまく認識されない。この場合、マグネットの噛み合わせが合っていないような感覚があるので、すぐに気づけるだろう。

 ペアリング後は、吸着させると、ディスプレー上部に小さくバッテリー残量が表示される。

 ハード的にもキャップという紛失しやすいパーツがなくなり、無接点で充電できるようになったし、ソフトウェア上でも、使いやすくする工夫が随所に見られるようになった。

 価格は第1世代の1万1664円から1万5660円へと、およそ4000円アップしてしまったが、新型のiPad Proを購入するなら、ぜひ一緒に購入して、純正アクセサリーならではの優れた使い心地を楽しみたい。

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中