このページの本文へ

Cooler Master「MasterAir MA410M」

CPU温度に連動してLED色が変わるサイドフローCPUクーラー

2018年11月03日 23時41分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cooler Masterから、CPU温度に応じてLEDカラーが変化するサイドフローCPUクーラー「MasterAir MA410M」(型番:MAM-T4PN-218PC-R1)が発売された。

CPU温度に応じてLEDカラーが変化するサイドフローCPUクーラー「MasterAir MA410M」

 銅ベース部にCPU温度を検知する温度感知センサーを内蔵。CPUの温度を検知し、LEDライトの色に反映させる。例えば通常時にはLEDは青、CPUに負荷がかかり温度が上昇すると赤に変化していくという。

CPUの温度を検知し、LEDライトの色に反映させる。発光パターンはアドレアサブルRGB LEDコントローラーで調整できる

 また、RGB LEDは冷却ファンではなくヒートシンク側に内蔵。28個のアドレサブルRGB LEDと、ヘキサゴンホログラム アルミニウムフィンによるユニークな発光を楽しめるのも特徴。アドレアサブルRGB LEDコントローラーが付属し、対応マザーボードやソフトが無くても、ボタンを押すだけで簡単に、RGBライトをカラフルにカスタマイズできる。

銅ベース部にCPU温度を検知する温度感知センサーを装備。ヒートパイプはCPUに直接触れるダイレクトタッチ式だ

 ヒートシンクは空気の流れをガイドする、特殊デザインのアーマーを装備。2基の120mmファン「MasterFan MF120R」は、回転数650~1800rpm±10%、風量53.38CFM、静圧1.65mmH2O、ノイズレベル6~31dBAというスペック。

独特な光り方をする「MasterAir MA410M」。魅せるケースに搭載するなら注目のクーラーだ

 本体サイズは130.9(W)×111.8(D)×165.1(H)mm、重量820g。対応ソケットはLGA 2066/2011-v3/2011/1366/1156/1155/1151/1150、Socket AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2+/FM2/FM1となる。

 価格は9158円。パソコンショップアーク、オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中