このページの本文へ

オンライン描画ツール「Cacoo」でAWSインフラの自動描画機能を追加

2018年10月17日 11時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年10月17日、ヌーラボはオンライン描画ツール「Cacoo(カクー)」の機能を強化し、AWSのインフラ構成図を自動で描画する機能をリリースした。Cacooは全世界で300万人が利用するオンライン描画ツール。

権限を持つIAMユーザーのアクセスキー・リージョンを入力すると、リソース情報を取得する

 CacooにはもともとAWSの構成図を作成するためのアイコンやテンプレートが用意されていたが、描画に関しては手動での操作が必要だった。今回のアップデートでは、AWSの構成図を作成する権限を持つIAMユーザーをCacooに登録することで、AWSと通信してアイコンを自動で配置するため、構成図を簡単に素早く描画できるようになる。βユーザーからは「既存のAWS環境を図に起こす作業にかかる時間が半分くらいには短縮できそうだ」とのコメントも得られているとのこと。

カテゴリートップへ

ピックアップ