このページの本文へ

仕事に差がつく!阿久津良和「Office 365のスゴ技」 ― 第49回

Office 365をつかうIT管理者必見

「Microsoft 365 Roadmap」にRSSフィードができた

2018年10月15日 14時00分更新

文● 阿久津良和 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、マイクロソフトのSaaS型デスクトップ&Webアプリケーション「Office 365」について、仕事の生産性を高める便利機能や新機能、チームコラボレーションを促進する使い方などのTipsを紹介する。

 Office 365を使いこなして仕事を早く終わらせたい皆様にお届けする本連載。今回はリニューアルしたMicrosoft 365 Roadmapに注目する。

リニューアルしたMicrosoft 365 RoadmapはRSSフィードも用意

 Microsoftは2018年9月24日(米国日時)、Microsoft 365 Roadmapを刷新した。このサイトは主にIT管理者のために、日々更新されるOffice 365のロードマップを示すものである。類似情報としては、Microsoft 365 admin centerのメッセージセンターがあるが、こちらはGA(一般提供)に達した機能紹介や、システムの不具合などを知るためのサイトだ。

 Microsoft 365 Roadmapはその名称が示すとおり、Microsoft 365に含まれるWindows 10、Office 365、EMS(Enterprise Mobility+Security)のロードマップを示すサイトであり、各機能の状態(開発中、ターゲットリリース、ローンチ)を確認することができる。刷新されたMicrosoft 365 Roadmapでは、新たにOSやアプリケーション、プラットフォーム、クラウドインスタンスごとに機能を取捨選択できるようになった。

1.リニューアルしたMicrosoft 365 Roadmap2.Windowsデスクトップ版Office 365で開発中の機能に絞り込んだ状態。Outlook関連の新機能が今後登場することが見て取れる

 Microsoft 365 Roadmapでの選別結果は、従来と同様、CSV形式によるダウンロード、リンクのコピーで取得できる。さらに、今回新たにRSSフィードが加わった。

3.「Download」をクリックすると、CSV形式で絞り込んだ機能をExcel上で確認・編集できる4.「共有」をクリックすると、現在のURLをクリップボードに格納する

 RSSフィードとは、ご存知の通りWebサイトの最新情報を配信する機能だが、Microsoft 365 Roadmapの更新情報をRSSリーダーで取得すれば、IT管理者なら今後の情報を逐次チェック可能となる。また、一般のOffice 365ユーザーも、今後新たに加わる機能をもれなく事前に知ることができる。

5.RSSフィードをfeedly.comで購読した状態。昨日発表されたExcelの「Idea」機能が並んでいる

 だが、このRSSをクリックしても「RoadmapFeatureRSS」というファイルのダウンロードが始まるだけで、そのままでは使用できない。Outlookを例では、以下の6~10の手順でRSSフィードが購読できるようになる。

6.「RSS」を右クリックし、「リンクのコピー」をクリックする7.「メール」のナビゲーションメニューで「RSSフィード」を右クリックし、「新しいRSSフィードの追加」をクリックする
8.クリップボード内のURLを、ダイアログのテキストボックスにコピーして「追加」ボタンをクリックする9.確認をうながすダイアログが現れたら、「はい」ボタンをクリックする
10.これでOutlookでもMicrosoft 365 RoadmapのRSSフィードを閲覧できる

 このRSSフィードにフィルター設定は適用されず、本稿執筆時点では、Office 365だけの情報を取り出すことはできない。フィルター機能が便利なだけに残念だが、このあたりはMicrosoftの改善に期待しよう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ