このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集!第77回

松本穂香さんがVTuberに auのiPhone XS発売イベント

2018年09月21日 11時50分更新

文● 南田ゴウ/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auは9月21日、au SHINJUKUにてiPhone XS、iPhone XS Max発売イベントを開催した。イベントにはKDDI代表取締役社長の髙橋誠氏が登壇。ゲストとしてテレビCMキャラを演じる神木隆之介さんと松本穂香さんが登場した。

KDDI代表取締役社長の髙橋誠氏
iPhone XS、XS Maxの特徴とauの新料金プラン

 イベントに先立ち、登壇した髙橋氏は「みなさんにすばらしい体験価値を提供していきたい」と語り、iPhone XSシリーズの特徴を解説しつつ「au フラットプラン 25 Nefflixパック」などの新料金プラン契約者がまもなく1000万に達するとアピール。続いて、iOS 12のARKit 2とiPhone XSシリーズのカメラ機能を活用するAR事例として、コマースサイト「Wowma!」でのインテリアAR体験と、「auナビウォーク」のAR乗換案内を紹介した。

ARKit 2を活用したARサービスに加えてVTuverサービスも紹介

 次に紹介されたのが、REALITYのVTuber体験とスマホで自分を撮影してアバターを作成・配信する「REALITY Avatar」。さらに髙橋氏は「今後はバーチャル会議やバーチャル音楽ライブなどをやっていきたい。このきっかけをつくってくれるのが、iPhone XSとiPhone XS Max」とコメントした。

auは今後バーチャルイベントを積極的に展開する予定

 続いてゲストの神木隆之介さんと松本穂香さんが登壇。松本さんはiPhone XS発売に関して「この会場にいる方だけでなく、世界中の方がこの瞬間を待っていると考えるとドキドキする」とコメント。壇上にau SHINJUKU店頭でiPhone XSシリーズを予約したユーザーを迎えて、カウントダウンで8時の発売スタートを祝った。

8時の販売開始を購入者とともに祝福。登壇した予約トップの方はゴールドのiPhone XSを購入。2日前から並んだとのこと

 ゲストトークでは髙橋氏がコマースサイト「Wowma!」でのインテリアAR体験を実演。信楽焼のたぬきをARで室内に配置するデモを行った。

インテリアAR体験デモ

 続いてREALITY公式VTuberの「いそら真実(まなみ)」さんが登場。いそら真実さんは「TrueDepthカメラは未来のカメラだと感じた。自分はカメラを通した表情の出し方に気を使っているが、表情の機微というか微妙なニュアンスが表現できるのでワクワクしている」とコメント。さらに「VTuberをあるには実は特殊な機材がいろいろ必要だが、iPhone XSシリーズさえあえば、誰でもバーチャル上に存在できるようになる」と魅力を語った。

松本さんがKDDIのAIキャラクター、レナを演じてVTuberのいそら真実さんと語り合う場面も

 壇上では松本穂香さんがiPhone XSを使用してKDDIのAIキャラクター「レナ」を操作、いそら真実さんとトークするデモも開催。松本さんは「まさか私がVtuberになれるなんて」と語り、会場の笑いを誘っていた。

au SHINJUKUに展示されるiPhone XSとiPhone XS Max

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中