このページの本文へ

デジタルサイネージなどに適したパネルPC

ロジテック、バッテリー非搭載タッチPCのAndroid版を発売

2018年09月20日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LT-H0310B」

 ロジテックINAソリューションズは9月20日、Android OSを搭載した10.1型電池レスタッチPC「LT-H0310B」シリーズを発売した。

 電池レスタッチPCはタブレットPCからバッテリーを省略したようなパネルPC。据え置き型のデジタルサイネージや受付端末などに利用し、バッテリーがないことから劣化の心配がないなどの利点がある。スタンダードモデルのLT-H0310Bに加え、フロントカメラ搭載モデルやPoE受電対応モデル、PoE受電対応&フロントカメラ搭載モデルも用意。

 いずれのモデルもクアッドコアCPUを採用、表示解像度は1280×800ドット。ギガビット有線LANポート、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac対応無線LAN (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、USB Aポートを標準装備。価格はスタンダードモデルの6万4584円より。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース