このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

カメラバッグの進化系、2つのスタイルで使えてたっぷりの収納力

オンオフ両方イケる2スタイルバッグ「off toco」を1ヵ月使い倒した

2018年03月20日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●高橋智 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2スタイルで使えるバッグシリーズ「off toco」の魅力を紹介

新生活は、新しいカバン選びから始まる

 とにかく筆者は困っていた。仕事柄、取材するときにカメラを持ち歩くことが多い。カメラと言ってもデジタル一眼だ。それなりにかさばるし、煩雑にバッグの中に入れて壊れてしまっては元も子もない。もちろんカメラバッグは持っているが、ノートPCをはじめ持ち運ばねばならない取材道具も多いので、カメラバッグ単体では収納力に劣る。とはいえ、カメラバッグとバックバックの2つ持ちはしたくない。

 そんななか出会ったのが、エレコムのoff tocoシリーズだ。

 このoff tocoシリーズが秀逸なのは、カメラバックとしてしっかりした収納ケースがあり、取材仕事でも私事の旅行でも安心してカメラを持ち運べるだけでなく、カメラが不要なときは、カメラ収納用のインナーケースを取り外して、普段使いのバッグに変身できるところ。

カメラ用インナーバッグが付属。取り出し可能なのがポイント。これにより、カメラ不要の際は、インナーバッグを外すことで広々と使える
仕切りをファスナーで外せるタイプの二気室構造なので、収納物に合わせて一気室にして使ってもいい

 このお陰で、カメラが必要なときも、不要なときも、いつでも同じバッグで移動できるので、荷物を入れ替える必要がなく普段の生活から取材・旅行まで幅広く賄えるのがとても便利で気に入っている。

 off tocoシリーズには、大小や形状の違いで、スタンダードなバックパックから、メッセンジャーバッグ、トートバッグなど全部で10種類ある。好みや生活スタイルに合わせて購入できるのがまたいい。

 一部を除き、各バッグの形状に合ったカメラ用のインナーケースが用意されていて、カメラを持ち運ぶときはインナーケースをバッグに入れて利用し、カメラが要らないときは、インナーケースごとカメラ一式を外してそのぶん収納スペースを確保できる。

 インナーケースはバッグの種類によってサイズが違うが、基本的にはデジタル一眼のボディーと標準的なレンズが1本入る。別途レンズケースも売られているので、もう1本持ち運びたいときは購入してバッグに収納してもいいだろう。

 カメラバッグとしての使い勝手は抜かりない。インナーケースに入っていても、バッグから取り出しやすいように、バッグ側面に収納口が設けられている。このため、バッグを下ろさなくてもカメラやレンズを取り出すことが可能だ。

カメラが取り出しやすいように両サイドに収納口が設けられている。背負いながら取り出しが可能だ

 バッグパックやメッセンジャーバッグなどは、二気室構造になっており、カメラとその他の荷物を分別して収納できる。取り出し口も別々なので、荷物をかき分けてカメラを取り出す、なんてこともない。また、インナーバッグを外したときは、そのまま二気室構造として使ってもいいし、ファスナー式仕切りを外して一気室にして広々と使ってもいい。通勤・通学時は書類やノート、教科書なども余裕で収納できる。

 二気室とは別に、ノートPCやタブレットを収納できるスペースも用意されている。インナーケースを収納したままでも入るため、筆者にとって非常にありがたい仕様だ。これまではパソコン用のインナーケースに収納して持ち歩いていたが、off tocoでは別室になっているので、ほかの荷物と混ざることもない。出し入れもしやすく、取材用バッグとして十分な性能だ。

カメラが収納されていても、別室にノートPCを収納可能

 また、撥水加工になっており、ちょっとした雨なら濡れても弾いてくれる。ハイグレードモデルには雨除けカバーも用意されているので、山歩きしていて雨に降られた場合でも、荷物をしっかり守れる。

表面は撥水加工済み。ハイグレードモデルにはさらに雨除けカバーも付属している

 とにかく、カメラバッグとしての使い勝手のよさはもちろんのこと、普段使いや仕事でも使いやすいよう、いろいろと工夫されているので、「カメラバッグ」ではあるが、カメラを使わない普段の生活重視で利用するバッグとしてもオススメできるのが、このoff tocoシリーズの特徴だ。

前へ 1 2 3 次へ

エレコム公式FBページ

プレスリリース