このページの本文へ

「Location AI Platform」をクラウド形式で提供開始

誰でも簡単に位置情報ビッグデータ活用のマーケティングを可能にするプラットフォーム

2018年09月18日 19時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Location AI Platform

 クロスロケーションズは9月12日、企業が位置情報ビッグデータを活用し、事業展開やマーケティングに活用できるプラットフォーム「Location AI Platform」(ロケーションエーアイプラットフォーム)をクラウド形式で提供開始すると発表した。

 専門知識がなければ解析困難である位置情報ビッグデータを、実際のビジネスで有効活用可能。位置情報ビッグデータをプラットフォームが分析、施策立案と実施をAIが支援するという。また傾向値としてのデータを活用することで、プライバシーなどに配慮した安全な位置情報の活用を促進する。

 位置情報ビッグデータを活用し、最適なロケーションベース広告の配信ができる「XL Advertising」、戦略立案のための分析レポートを提供する「XL Insight」、企業が保有する位置情報データを取り込みプラットフォームが保有するデータと複合して分析ができる「XL Analyzer」の3つの機能を持っている。

XL戦略マップ
AIによる施策立案サポート

 価格は、税抜きで月額10万円。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ