このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集! 第50回

au/ソフトバンクは、4年(48回)割賦の2年分の支払い分をアピールしている

ドコモとau/ソフトバンクでは本質的に異なる、端末の“実質価格”とは?

2018年09月18日 12時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年こそはと、新iPhoneの購入を考えている人も多いだろうが、キャリアのサイトで端末価格を見ていると、しばしば使われているのが“実質機種代金”“実質負担金”といった表現だ。特にauとソフトバンクにおいては、以前とは大きく意味合いが変化しているので、ショップで説明されて「???」とならないように、あらかじめ確認しておきたい。

従来は端末購入にともない、毎月の料金に割引が発生
ドコモは今もこの方式を採用している

 まずは従来型の“実質価格”。これは端末を購入すると、最大24回、24ヵ月にわたって、毎月の料金から2000~3000円程度が割引される(ドコモ「月々サポート」、au「毎月割」、ソフトバンク「月月割」)。この割引分を、端末代金の総額から差し引いた額を指して実質価格と呼んでいる。

 ドコモは、今も従来型を採用しており、iPhone XSの場合は以下のような価格となる。比較的なじみ深いものだろう。

ドコモは毎月の料金から2年間、一定額が割り引かれる方式で変化がない

auやソフトバンクは端末購入で料金に割引無し
そのぶん料金は安いが、端末はそのままの価格で購入する

 一方のauとソフトバンクだが、auは昨年スタートの「auピタットプラン」「auフラットプラン」、ソフトバンクは今年の「ウルトラギガモンスター+」で分離型の料金プランに移行しており、ショップでもこれらのプランを勧められる可能性が高い。

 分離型とは「端末購入と料金が分離されている」という意味。月々の料金は最初から割安になっている代わりに、新iPhoneを購入しても毎月の料金から割引はない。つまり、iPhone XS/XS Maxであれば、12~18万円の端末代金を、分割であれ、一括であれ、そのままの金額で支払うのが原則だ。

総額が大きく、月々の料金への割引がないため、24回払い時で5000円を上回ってしまう

 ただし割引がないぶん、24回払いでは毎月5000~8000円の支払いが生じて負担が大きく見える。そこでauやソフトバンクが導入しているのが「アップグレードプログラムEX」や「半額サポート」と呼ばれるプログラムとなる。

ソフトバンクは48回払いがメインになっている。「25ヵ月後に機種変更する場合」という表現での支払い額をアピールしている。ただし、これには条件がある

48回払いで月々の支払いを軽減
+旧iPhoneの回収で3年目以降の残債を免除する

 これらのプログラムでは、まず端末の支払いは4年割賦/48回払いとするのが主流。つまりこの時点で、月々の負担は半分になる。でも、これでは4年間、同じiPhoneを使い続けなければならない。

 そこで2年経過後以降に機種変更すると、それ以降の残債を免除してくれる特典を用意している。この特典利用時の端末への支払い額が半分になった状態をもとに、auやソフトバンクは端末の価格例をウェブサイト上でアピールしている。

48回払いの半分以上を済まし、プログラム料として月390円×24回支払うと、次の機種変更時に残債が免除されるが、この際に旧機種の回収が発生するので、その下取り分も含まれていると考えるべきだ

 ただし、特典の利用には条件がある。1つめは「それまで使っていたiPhoneの回収」。中古専門店やキャリアに相応の額で引き取ってもらえる旧iPhoneを下取りに出しているのに等しい。この時点で、従来型(それまで使っていたiPhoneが手元に残る)の“実質価格”とはまったく違うことがわかる。

auはこの「アップグレードプログラムEX」を利用したときの支払合計を「実質機種代金」と表現している

 また「同じキャリアで機種変更し、同等プログラムに再加入」することも条件となっている。48回払いゆえに、2年後の時点でも半分の残債が残っていることも含めて、拘束力がかなり強い。

基本的には同じキャリアを使い続ける人向けのもの
将来の移行を考える人は一括購入か従来型での購入も選択肢に

 従来型の“実質価格”が少なくとも2年後には一旦チャラになって、他のキャリアへの移行も考えやすいのに対し、auやソフトバンクの新しい“実質価格”は2年後より先も同じキャリアを使い続けることが前提になっている。旧iPhoneが手元に残るか、残らないかの差もある(前述したように月々の料金にも違いがある)。

 ちなみに、auは今でも「auピタット/フラットプラン」より前の料金プランを選択することで、従来型で端末を購入できる。ソフトバンクは、従来の料金プランはすでに新規契約が終了。従来の料金プランのまま機種変更する場合に「月月割」が適用されるのは、1月31日までとなっている。

auは「毎月割」適用の旧プランも契約できる

 将来のことはよくわからない、他のキャリアに乗り換える可能性もあるかもという人は、スッキリと一括購入か、従来型での購入を比較対象に加えるといいだろう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中