このページの本文へ

特別企画@プログラミング+第37回

VTuberライブの最前線がわかる3時間

9月18日(火)「VTuberライブの極意~キャラの価値を高めるイベントを成功させるコツ~」セミナーを緊急開催!

2018年09月14日 21時00分更新

文● 坂川慎二/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今、VTuberライブが熱い

 急激に注目を集めて、人数を増やしているVTuber(バーチャルYouTuber)。ユーザーローカルの『バーチャルYouTuberランキング』(7月10日)によると、その数は4000人規模に拡大。企業や地方自治体がVTuberを始めるなど、テレビや各種メディアで目にする機会が増えています。

 そして今、VTuberのライブが盛り上がっています。ソニー・ミュージックレーベルズ/SACRA MUSICとアーティスト契約を結んだVTuber「輝夜月」(かぐやるな)が8月31日、「Zepp」がつくった仮想空間「Zepp VR」で単独ライブを実施したのは記憶に新しいところです。VRメディア「PANORA」によれば、ライブでは約40分間、輝夜月ちゃんがオリジナル曲や椎名林檎の「幸福論」などを熱唱し、観客と絵文字でやりとりしながらトークを展開。全国7都市15劇場で開催されたライブビューイングでは5000人以上の動員を記録しています(2018年9月1日配信「ライブ体験の歴史を変えた輝夜月 LIVE@Zepp VRレポート」PANORAより)。

VTuberライブを支えるARとVR

 このライブは実はVRプラットフォームサービス「cluster.」のシステムを利用しています。現在、キャラクターを現実空間に出現させる「AR」(拡張現実感)、ゴーグルをかぶって自分が別世界に入る「VR」(人口現実感)といった2つのベクトルでVTuberライブを行える環境が整ってきています。しかし、どうすればライブ配信ができるのでしょうか。どんな技術で運営されていて、費用や準備期間はどれくらいなのでしょうか。

 前置きが長くなりましたが、角川アスキー総合研究所はVRジャーナリスト、パノラプロ代表取締役の広田稔氏とともに、VTuberライブや配信についての最新情報がわかるセミナー「VTuberライブの極意~キャラの価値を高めるイベントを成功させるコツ~」を9月18日(火)に開催予定です。

 このセミナーは2018年9月4日に、Activ8代表取締役・大坂武史氏、株式会社CyberV代表取締役・兵頭陽氏をお招きして開催した「実践VTuber3時間セミナー~失敗しないVTuberの導入ノウハウと名刺交換会~」の続編で、今回はクラスター株式会社代表取締役の加藤直人氏、バルス株式会社代表取締役の林範和氏が登壇予定。さらに遠隔登壇で株式会社バーチャルキャスト取締役CTOの岩城進之介氏にもご参加いただけることが決まっています。

前回の「失敗しないVTuberの導入ノウハウと名刺交換会」の様子。
質疑応答ではマネタイズや魂(VTuberの中の人)などのマネジメントを中心に議論が交わされた。

 バルス株式会社は8月17日にタワーレコード渋谷店にて、男性2人組バーチャルYouTuberユニット「MonsterZ MATE(モンスターズメイト)」による初のリアルイベントを開催。バーチャルキャストはVR空間のスタジオをリアルタイムでコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスを提供しています。きっと興味深い話が聞けるはずです。

恒例の名刺交換会も実施

 セミナーでは恒例の名刺交換会も実施予定です。講師と直に話ができ、情報共有ができると好評です。セミナーは9月18日(火)18:30分開場の19時スタート。会場は東京都千代田区の角川第3本社ビル(最寄り駅:飯田橋)となっています。VTuberライブの実例を知りたい方は、ぜひご参加を!


【セミナー概要】

実践VTuber3時間セミナー第2回「VTuberライブの極意~キャラの価値を高めるイベントを成功させるコツ~」

開催日時:2018年9月18日(火)19:00 ~ 22:00(18:30 受付開始)
会場:角川第3本社ビル3階(東京都千代田区富士見1-8-19)
※地図はこちらまで
※最寄り駅:飯田橋
参加費:早割り10,000円(税込)、一般15,000円(税込)、学生6,000円(税込)、前回参加割引(一般)7,500円(税込)
定員:80名(予定)
主催:株式会社角川アスキー総合研究所
共催:株式会社パノラプロ(PANORAPRO Inc.)
詳細・お申込みはPeatixページをご覧ください

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ