このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集!第30回

「iPhone XS Max」映像視聴に重宝すること間違いなし

2018年09月13日 19時20分更新

文● 石川 温 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月12日(米国時間)、アップルは新製品「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」「Apple Watch Series 4」を発表した。発表会終了後、タッチアンドトライで実機を触ることができた。

iPhone XS Max、iPhone 8 Plusなどに比べると持ちやすい印象

「iPhone XS Max」iPhone 8 Plusなどに比べると持ちやすい

 iPhone XS Maxは、iPhoneシリーズでは最大となる6.5インチの有機ELディスプレイを採用。ベゼルレスでノッチというデザインテイストはiPhone XSと変わらない。

iPhone XS Max、ゴールド

 解像度は2688×1242ピクセルで458ppi、本体サイズは高さ157.5mm×幅77.4mm×厚さ7.7mm、重さは208g。実際に持ってみたが、iPhone 8 Plusなどに比べると持ちやすい印象はあり、なんとか片手で操作できなくはないという感じだ。ただ、手の小さい人などは、片手での操作はちょっと難しいかもしれない。

iPhone XS Max、左からスペースグレイ、ゴールド、シルバー

 大画面になり、映像視聴には重宝することは間違いない。ステレオスピーカーの出力があっていることもあり、音を出した状態でのゲームや映像視聴はさらに迫力のあるものになりそう。マイクも複数内蔵されており、ビデオ収録時にもステレオでの撮影が可能となっている。

 本体カラーはゴールド、スペースグレー、シルバーの3色だ。

iPhone XS
iPhone XS

「iPhone XS」持った感じはiPhone Xと全く変わらず

 iPhone XSは昨年、発売されたiPhone Xの後継機種というべき位置づけ。画面サイズは5.8インチであり、ベゼルレスで、画面上部にノッチがついている。今回発表されたモデルの中では、最も小さい画面サイズとなる。ディスプレイは有機ELとなっている。解像度は2436×1125ピクセルで458ppi、サイズは高さ143.6mm×幅70.9mm×厚さ7.7mm、重さは177g。実際に持った感じはiPhone Xと全く変わらない。

iPhone XS、スペースグレー

 デザイン的にiPhone XSはiPhone Xとほとんど一緒でひと目で見分けがつかないほどだ。実際は、側面上部にアンテナとなる切り込みが入っているのが、iPhone XSとなる。

iPhone XS
iPhone XS
iPhone XS、側面上部にアンテナとなる切り込みが入っている

 今回、デュアルSIMが話題となっているが、会場内ではデュアルSIMによる通信の切り替えなどは試すことができなかった。本体カラーはゴールド、スペースグレー、シルバーの3色だ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中