このページの本文へ

3200×1800ドットの高解像度画面も追加

デル、狭額ベゼル「XPS 13 2-in-1」をアップデート

2018年09月11日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「XPS 13 2-in-1」

 デルは9月11日、CPUを向上するなど仕様をアップデートしたノートパソコン「XPS 13 2-in-1」を発売した。

 第8世代のインテルCore i5-8200YまたはCore i7-8500Y、iCore i5-7Y54を採用する。13.3型画面は1920×1080ドットに加えて3200×1800ドットパネルも用意され、ベゼル幅およそ5.2mmのフレームレスデザインを採用する。ボディは最薄部8mmの薄型デザインながら、騒音を抑えた静かな会議室やカフェでも利用しやすい。1枚のアルミ板から削り出した本体カバーやカーボンファイバー素材、Corning Gorilla Glass NBT、削り出しアルミ素材で覆われたスチールヒンジなど、頑丈なボディを持つ。

可動範囲の広い液晶ヒンジにより、ノートPCやタブレット風に利用可能 

 2048段階の筆圧感度を持つDellアクティブ ペンが付属する。本体サイズはおよそ幅304×奥行き199×高さ8~13.7mm、重量はおよそ1.24kgより。価格は14万9980円より(税抜き、配送料込み)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー