このページの本文へ

アプリ版が登場してますます盛り上がりを見せる「AIスコア」

「AIスコア」で自分の可能性を数値化する真の意義とは?

2018年09月25日 17時00分更新

文● 久我吉史 編集●三宅

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自分の生活習慣や性格を「AI」が分析して「スコア」化するサービス「AIスコア」が話題だ。Fintech(金融×IT)領域の一端を担うサービスである。無料で気軽に自分の可能性を数値化できるので、一度は試してみたいサービスだ。

 AIスコアはみずほ銀行とソフトバンクによって設立された「J.Score」というFintech企業が運営しているサービス。ブラウザー版で提供されてきたAIスコアだが、いよいよスマホアプリ版の提供を開始。早速、アプリならではの使い勝手を体験していこう。

アプリで表示される質問に答えていくだけでスコアが出てくる

 AIスコアは一問一答のチャット形式の質問にテンポよく答えられるように工夫されているので簡単だ。しかも無料で、個人を特定する情報を入力することはなく、ニックネームとメールアドレスの登録だけなので気軽に利用できる。

 アプリを起動して「新規アカウント作成はこちら」をタップし、初めの18問程度の質問に答えると早速スコアが表示される。このスコアが自分が持つ可能性を知るための指標であることを肝に銘じておこう。

スコアの算出に必要な最初の18問程度の質問。チャット形式でメッセージのやり取りをするような画面のため、タッチしながら簡単に回答できるので、スマホ初心者でも安心。
すべての回答が終わると画面のようにスコアが表示される。

自分のことをもっと「AI」に伝えるとスコアの精度が高まる

 さらに詳しい情報を入力していこう。「スコアアップ」のメニューの中にある追加の質問に答えれば答えるほどスコアの精度が増し、スコアがアップする可能性がる。

質問の種類は6種類ある。答えられそうなものからタッチして答えよう。回答すればするほど右写真のように青丸が増えていく。
「ウォレット」での質問の例。携帯電話料金や交通費などを選択する。数字の入力ではないので回答が簡単にできる。
「性格」では質問に答えた後に、自分の性格の特徴やアドバイスが表示される。
回答を間違えてしまっても、初めから回答をやりなおす必要はなく、「回答済みを編集」から間違えた回答だけを修正できる。修正するとすぐにスコアの更新も行なわれる。

良い行動の習慣化を評価、アプリ限定機能「ハビットチェンジ」

 これまでのブラウザー版では過去や現在の情報に基づいてAIスコアを算出していたが、アプリ版ではこれからの自分の行動でAIスコアを変化させていくことが能動的に可能になるという画期的な機能がある。それがアプリ限定の機能となる「ハビットチェンジ」だ。

「ハビット」には英語で習慣という意味がある。「ハビットチェンジ」には「運動習慣」「学習習慣」「睡眠習慣」「お金の習慣」という4つの習慣について利用・管理ができる。良い行動を始め、習慣化するとそれを評価し、スコアに反映してくれる。スコアという目に見える形で評価してもらえると、自分の成長に気が付きやすく長続きしそうだ。

ハビットチェンジで利用・管理できる4つの習慣。
「運動習慣」。体を動かすことは健康にも良いので、日々の活動も記録していきたい。ここではスマホの位置情報と連携し、歩数や活動エリアを記録。1日8,000歩を目安に、自分がどのくらい歩いたかを確認することができる。
「学習習慣」。必読のビジネス書が中心に掲載されていて、要約を読むことができる。ほとんどの書籍には読み上げ機能があるのだが、人の声によるナレーションなので、無機質な機械による読み上げとは比較にならないほど聞きやすく内容が頭に入りやすい。しかも1.5倍速の読み上げにも対応しており、読了ボタンでどれを読んだか読了管理もできるなど、通勤中などの時間に読みやすいのも嬉しい。(提供元:BOOK-SMART)
「睡眠習慣」。意外に見落としがちなのが、規則正しい生活をするには就寝時間が大切ということ。起床時間と併せて就寝時間を決めてアラームを設定するように設計されているので、推奨どおりに就寝時間を管理して規則正しい生活習慣をつけていこう。
「お金の習慣」。一般的な家計簿アプリとは違った取り組みで習慣をつけていくことができる。支出を「一般的な支出」と「自己投資」という新しい考え方で管理、あえて手で振り分けることによって、お金の使い方を見つめ直すことができ、自分への投資に対してより意識していく感覚が身につくというわけだ。

 算出されたAIスコアは現在、融資(レンディング)分野で利用ができるが、今後10月以降はアライアンス企業において様々なリワード(特典)が無料で受けられるようになる。アプリをインストールし、今のうちに精度の高いスコアを算出して、Fintechを自分の暮らしで活用する準備をしよう。

 また、すでにAIスコアを試したことのある人も、この記事をきっかけにアプリで改めてスコアを出してみれば、様々な習慣を意識し直し、将来を変えていくきっかけになるだろう。

これからの行動で未来を変えよう。

・未来を変える習慣のチカラ J.Score公式サイト
・AIスコアを始めてみる

J.Scoreアプリ

iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら

(提供: 株式会社J.Score)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ