このページの本文へ

クラウドサービスのライセンス購入や利用状況の確認が可能

AzureやOffice 365、AWSまでカバーする「IIJクラウドライセンスポータル」

2018年08月28日 18時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、Microsoft AzureやOffice 365、Amazon Web Services(AWS)などの各種クラウドサービスのライセンス購入や利用状況の確認をオンラインポータル上で行なえる「IIJクラウドライセンスポータル」を2018年10月15日より提供開始する。

 IIJでは、「IIJ GIO with Microsoft Azure」および「IIJクラウドサブスクリプションライセンス」において、Microsoft AzureやOffice 365、AWSなどのライセンスを提供しているが、今回は両サービスの付加機能として、専用Webサイトからユーザー自身がライセンス発注や利用料を閲覧できる「IIJクラウドライセンスポータル」を追加する。

 IIJクラウドライセンスポータルからクラウドサービスのライセンス契約が可能で、オンライン発注後すぐにサービスを利用開始できる。また、IIJ提供のクラウドサービスの契約を一元管理でき、サブスクリプションごとに契約を確認したり、CSVで出力して一覧を見ることも可能。利用料もグラフ表示でき、変動を日時/1ヵ月単位や品目ごとに確認できるため、予測が難しい従量課金の費用予測ができるという。

 2018年10月15日の提供開始時点では、Microsoft Azureの利用状況確認と予約インスタンスの申請機能に対応し、引き続きOffice 365やAWSなど各種クラウドサービスのオンラインオーダーに対応していくという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ