このページの本文へ

「医療業界向け3省4ガイドライン」への対応を確認

日本IBM、日本での医療・ヘルスケア業界向けクラウドサービスを推進

2018年07月31日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
医療/ヘルスケア向けIBM Cloud

 日本IBMは7月31日、医療業界におけるクラウドサービスの利活用に関するガイドラインへのIBM Cloudの対応状況を調査したリファレンスを公開した。

 これは、厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」、総務省の「ASP・SaaSにおける情報セキュリティ対策ガイドライン」、総務省の「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン 第1.1版」、経済産業省の「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン」の4つのガイドライン。

 IBMでは1995年から電子カルテを中核とする医療情報システムなど、各種の医療業務向けサービスを提供している。昨今はクラウド需要が高まっていることを受け、IBM Cloudの安全性やプライバシー管理に関する第三者による確認調査を依頼。今回、三菱総合研究所より「医療機関向けIBM Cloud IaaSクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」として公開された。

 リファレンスは主に医療機関・SI事業者等が医療情報システムをIBM Cloud IaaS上に構築・利用する場合を想定し、3省4ガイドラインの各項目に対するIBM Cloud IaaSの対応状況を調査したもの。日本IBMでは、リファレンスを基にしてAI技術や医療業界向けソリューションを含むクラウドサービスの提供を加速させるとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ