このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第434回

「四川風『赤』麻婆丼」が新発売

セブン「四川風 赤麻婆丼」夏だ! 旨辛だ!!

2018年07月25日 13時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
セブン「四川風『赤』麻婆丼」。どれくらい辛いのか?

 夏といえば辛いもの! セブン-イレブンから「四川風『赤』麻婆丼」が登場しました。セブンの麻婆丼といえば本格的な味と定評があります。

四川風『赤』麻婆丼
・店舗:セブン-イレブン(北海道、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州エリア)
・発売日:7月24日
・価格:398円

花椒の刺激がたまらない、夏らしい爽やかな麻婆丼

夏らしい「赤」い色が特徴。

 四川風『赤』麻婆丼は、「2種類の豆板醤を使った、辛味とうま味のある奥深い味わい」の麻婆丼とのこと。見た目にも食欲をそそる「赤」い色が特徴。1食あたり562kcal。

 セブンには過去に「旨辛! 四川風黒麻婆丼」という商品がありました。いったい今回の赤い麻婆丼はどう違うのでしょうか? さっそく食べてみました。

「花椒(フォアジャン)」は自分の好みでかけられます。

 蓋の部分に、小袋で「花椒(フォアジャン)」が付いています。花椒は、爽やかな香りとしびれるような刺激があるスパイスで、自分の好みで調節できます。これは、黒麻婆丼と同じ仕様。

 私は辛党なので、最初から花椒をすべてかけました! ピリピリと鼻を抜ける香りが心地いい。

セパレートタイプなので、ご飯にかけて。いただきます!

 さて、麻婆をご飯ごとぱくっと食べますと、辛、旨! やっぱりセブンの麻婆丼はおいしいです。

 花椒の香りと共に、豆板醤の辛味とコク、豚肉のうま味が広がります。花椒の刺激が食べた後も舌に残って後を引くのがたまりません。すぐに次のひと口へ進んでしまいます。

辛いだけではなく、コク深く味が濃いため、ご飯との相性がいいです。

 辛さレベルは辛党の私のジャッジで「中」程度。あくまで自分の感覚になりますが、しっかり辛いけれど、全体的にコク深く味が濃いので、ご飯との相性がよく、決して辛すぎて「ツライ」という感じにはなりません。また、ただ辛いだけではなくて、中華調味料の織りなす複雑な味を楽しめるのがポイントです。

 麻婆の質感は、サラサラ系というのとは異なり、具材感があって食べごたえありました。豆腐が崩れずに形が残っていますし、目で見るとわかりづらいのですが、長ネギのシャキシャキした食感が良いアクセントです。ただ、記憶での比較になるのですが、かつての黒麻婆丼の濃厚さに対して、全体的にやや軽やかになったかも。

 セブンの赤麻婆丼は、黒麻婆丼と基本的な路線はそのままに、夏らしく爽やかになりました。辛いものが好きな人の昼食にちょうどいいのではないでしょうか。

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!