このページの本文へ

Web会議や在宅勤務、リモートワークを支援する

ヤマハ、3万円台の会議用モバイルスピーカーフォン

2018年07月11日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月10日、ヤマハはポータブルスピーカーフォン「YVC-200」を発表した。ポータブルスピーカーフォンとして、Web会議のみならず、在宅勤務やリモートワーク、社内でのハドルルームでの利用を想定。1~3人程度の少人数を想定したモデルで、ヤマハのマイクスピーカーとしては、もっともエントリクラスとなる。

ポータブルスピーカーフォン「YVC-200」

 部屋の状態に応じてストレスのない双方向会話を実現する「適応型エコーキャンセラー」や人間の声のみを自動抽出する「Human Voice Activity Detection」、マイクに近い人と遠い人の音量を自動調整する「オートゲインコントロール」、ノイズキャンセラーなどの各種の独自技術を搭載し、明瞭度の高い音声コミュニケーションを実現する。また、ラインナップとして初めてリチウムイオンバッテリーを内蔵し、10時間(公称)の連続通話時間を実現。既存製品と同じく、USBバスパワーでの駆動も可能になっている。

Web会議や在宅勤務、リモートワーク、ハドルルームなどの利用を想定

 インターフェイスはUSBとNFC機能搭載Bluetoothで、タッチセンサーボタンにより容易に操作できる。カラーバリエーションとして、ホワイト・ブラックの2色を用意。本体価格は3万円(税抜)で、発売時期は2018年9月を予定している。

ホワイト・ブラックの2色を用意

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ